荻窪教室

Tel:0120-712-280

  • 〒167-0043 東京都杉並区上荻1-23-19 東神荻窪ビル1F
  • JR中央線/荻窪駅、地下鉄丸の内線/荻窪駅 北口 徒歩5分

受付時間:15:30~20:00 日祝休

荻窪教室からのメッセージ

2019.05.31

こんにちは。城南コベッツ荻窪教室です。

5月も後半に差し掛かって、あっという間に6月になりそうです。

6月は、中学生の皆さんにとっては、欠かせないイベントがありますよね?

そう、『定期テスト』。

今回は、定期テストの勉強をそろそろ始めていこうかという皆さんへ向けた社会の勉強へのアドバイスが出来たらと思います。

まず、社会の勉強の話の前に、テストにむけては『残された時間との戦い』になりますよね。

部活がテスト休みに入ったら勉強しよう、とか、今日はまぁいいや、明日やろう、でズルズルとテストが近づいてきて、直前で半徹夜状態でワークを仕上げる。

・・・

ということをしていても、なかなか『成績アップ』は見込めませんよね。

まず、意識していただきたいことをお伝えします。

『時間を大切にしよう』!

当たり前のことかもしれませんが、テストまでに勉強できる時間、というのを一度ちゃんと考えてみると、先延ばしにはできないはずです。

さて、そろそろ本題にいきましょう。

社会のテスト勉強をみなさんはどのようにやっていますか?

「教科書を読み返す」、「授業ノートを読み返す」、「まとめノートを作る」、「ワークを解く」

さまざまあると思いますが、

城南コベッツでよくお勧めしているのは、「問題集を繰り返し解くこと」です。

覚えていないのに、解いても意味が薄いのでは?と思われるかもしれませんが、

最初に申し上げました通り、定期テストの勉強で一番意識していただきたいことが、「時間を大切に」ということなのです。

教科書を読んで覚えても、ノートを読んで覚えても、それはもちろん良いと思いますが、

太線のところや、マーカーの引いてあるところを覚えて、それで満足、という経験はありませんか?

あくまで、テストでは「問題」が出されます。

何を、どのように聞かれるのか、ということをまず知って、それに併せて覚えるほうが、テストに直結して、得点力につながりやすいのです。

暗記が苦手!という中学生ほど実践してほしい、

『まず問題集を解いて、解説を読んで覚える。そして問題集を繰り返し解く』

テスト前に解いた問題、本番で、あ!これ昨日やったやつだ!というものが出るかもしれませんよ。

ぜひ参考にされてみてください。

成績保証のある個別指導塾

城南コベッツ荻窪教室

TEL:03-5347-0380

FAX:03-3391-0390

2019.05.29

こんにちは!

城南コベッツ荻窪教室です。

今日は 【英検】 について お話しします。

***英検とは?*********************************************************************************

日本英語検定協会が主催する、英語4技能をバランスよく測定することを目的としたテストのことです。英語力の測定だけでなく、進学・就職・留学など様々なシーンで活躍する資格の一つです。

**********************************************************************************************

6月には今年度一回目の試験を控えている英検ですが、

学生の皆さんには是非とも受けていただきたいものです。

なぜかというと、受験の際に有利に働くことがあるからです。

特に大学受験においては、2021年度入試から英検をふくむ外部英語検定の資格が必須となります。

高校受験に関しても、併願を申請する際に、英検で一定級以上持っていれば、

内申を1加算してもらえるなどの優遇を受けることができます。

合格基準となる得点率は約70%(作文で1点以上)です。

3級以上の合格率は6割以下となっていますが、きちんと対策していれば、

高校を卒業するまでには2級まで取れるように難易度が設定されています。

城南コベッツでは英検専用のコースが設けられ、効率よく英検にアプローチできる環境が整えられています。

そのため、一般平均よりも高い割合で塾生を英検に合格させています。

~城南コベッツの英語学習~

・単なる語法・文法の指導ではなく、英検の特徴を分析した専用テキストで効率的にアプローチ。

・1対2の個別授業で、一人一人の苦手部分を徹底的に潰していきます。

・授業と自習をバランスよく組み合わせたカリキュラムによって、知識を効率よく身につけさせます。

成績保証のある個別指導塾

城南コベッツ 荻窪教室

TEL:03-5347-0380

FAX:03-3391-0390

2019.05.27

こんにちは!

城南コベッツ荻窪教室です。

今回は理科編です。

逆さ富士を見たことはありますか?

少し前では逆さスカイツリーなども話題になったような気がします。

他にも、ウユニ塩湖は地平線を境に上空の景色がきれいに湖面に映っているのは有名だと思います。

この「逆さ」シリーズは川や池、湖などに景色が映り込んで、主観ですがとても綺麗で幻想的だと思います。

この現象は光の全反射によるものです。

今回は空気中から水中に入っていく光で考えます。

光の全反射とは空気と水などの屈折率が異なる物の間を光が通り抜けていくとき、光は入っていく角度によって一部の光が水面で反射し、一定の角度を超えると全ての光が反射する現象のうち、全ての光が反射する現象のことです。

屈折率とは、空気や水が持っている、光に関する数字だと思ってください。

水面で光が全部反射するということは、まるで水面を鏡のように考えることができますよね?これにより、景色が映り込むということです。

ちなみに、風などで波が起こっていると、水中に光が入っていく角度が場所によってバラバラになってしまうので、光の全反射でまるで鏡のように景色が映る、ということは起こりません。

城南コベッツの理科の指導では、教材を進めていく中で理解が難しい公式や現象をできる限り身近なものに例えて生徒の皆様に分かってもらえるように頑張っています。

そんな授業に興味のある方は無料の体験授業を用意しておりますので、是非教室までご連絡ください!

成績保証のある個別指導塾

城南コベッツ 荻窪教室

TEL:03-5347-0380

FAX:03-3391-0390

2019.05.25

こんにちは!

城南コベッツ荻窪教室です。

今回は理科編です。

ドップラー効果というものを聞いたことはありますか?

実はドップラー効果は、聞いたことがある人も聞いたことがない人も結構身近に体験している現象なんです。

救急車やパトカーが近くを通り過ぎていくとき、サイレンに何か変化がありませんか?

近づいてくるときは、だんだんと音が高くなっていって

遠くに離れるときは、音が低くなっていってませんか?

これがドップラー効果です。

概要だけ説明してしまうと、音の速度と音源(この場合は救急車とパトカー)の速度が関係しています。

音源が近づいてくるとき、音は、音源の速さが乗って進んできます。音の速度は音源の速度をプラスするのです。

音の速度が速くなるということは、その音が自分を通り過ぎるのにかかる時間が短くなるということです。

ここで、音楽やテレビなどの映像の早送りを聞いたことや見たことはありませんか?

そのとき、早送りではないときと比べて音の高さが高くなっていませんか?

つまり、ある音が聞こえるとき、その音を普段よりも早く聞くと、音の高さは高くなって聞こえるのです。

救急車、パトカーが離れていくときには、これの逆が言えると思います。

城南コベッツの理科の指導では、教材を進めていく中で理解が難しい公式や現象をできる限り身近なものに例えて生徒の皆様に分かってもらえるように頑張っています。

そんな授業に興味のある方は無料の体験授業を用意しておりますので、是非教室までご連絡ください!

成績保証のある個別指導塾

城南コベッツ 荻窪教室

TEL:03-5347-0380

FAX:03-3391-0390

2019.05.23

こんにちは!

城南コベッツ荻窪教室です。

数学のテストが返却されると思ったより点数が伸び悩むことがありますよね。

見直しをしてみると符号が違ったり、ケアレスミスがたくさんあったりします。

このとき、「ケアレスミスだから次回気を付ければ大丈夫!」と思っていませんか?

それ考え方は危険です!

ケアレスミスもきちんと原因分析をしなければなかなか治りません。

<分析ポイント 見直しの有無>

テストの時間内できちんと見直しをしていますか?またどのようにやっていますか?

見直しをする時間がなかった

見直しをしなかった

見直しをしたのにケアレスミスをしていた

<対処>

はスピードアップが必要。練習あるのみ。

見直しをする習慣をつけよう。

ただ目で追うだけではないですか?方程式なら解を代入するなどやり方に工夫をしましょう。

~城南コベッツのケアレスミス対策~

問題の解説だけでなく、授業内の問題演習や確認テストでわかったつもりにさせません!

成績保証のある個別指導塾

城南コベッツ 荻窪教室

TEL:03-5347-0380

FAX:03-3391-0390

新着情報

カレンダー

アーカイブ

このブログを購読(RSS 2.0)