荻窪教室

Tel:0120-712-280

  • 〒167-0043 東京都杉並区上荻1-23-19 東神荻窪ビル1F
  • JR中央線/荻窪駅、地下鉄丸の内線/荻窪駅 北口 徒歩5分

受付時間:15:30~20:00 日祝休

荻窪教室からのメッセージ

社会の覚え方

2019.03.23

こんにちは!
城南コベッツ荻窪教室です。

「社会は暗記っていうけれども、なかなか覚えられないのはどうして?」

5教科の中で、一番「暗記科目」と言われるのは社会ではないかと思います。
よく塾の中でのご相談の中でも、
「社会は暗記なんで、習うというよりまず家で覚えて・・・」
ということをおっしゃる保護者様も少なからずいらっしゃいます。

しかし、
生徒様とお話ししていると「覚えられなくて困っている」というご相談も受けるものです。
特に歴史についてが、その傾向はあるようですね。

今回は、そのことを考えてみたいと思います。

「単純暗記だとすぐ忘れる?」
教科書本文の太字になっている人物や年号だけを覚えようとしていませんか?
その場では覚えられていても、 その出来事がなぜ起こったのか、
その原因を知らずに記号のように人物や年号を覚えようとすると、
似たような名前の人物と混同して、結果的に「覚えられない」となってしまいます。

また、年号に関しても出来事がなぜ起こったかの原因に照らし合わせて、
起きた順番を意識して覚えていくことで、歴史の流れ・ストーリーを元に頭に入ってきます。
出来事の順番と併せて年号をセットにすると、
高校入試でよく聞かれる年号並び替えの問題に対しても困らずに対応できるようになるのです。

また、教科書ですとその時代の政治の流れ、文化の流れ、産業の流れとその単元ごとに習得していきます。
ですが、 テストに出る問題としては、
〇〇時代単体として出るよりは時代をまたいで出題されることも少なくありません。
そのため、政治の流れ、文化の流れ、産業の流れ、
というものを時代をまたいでその変遷を理解していく、
ということも暗記が楽になる考え方といえるでしょう。

社会が苦手な方へは、そうした流れをもとにして、
「なぜこの事件が起きたのか」
「なぜこの人物がこれを引き起こしたのか」
という原因を説明した上で、
この人物・出来事・年号を覚えていきなさい、という形で指導しています。

社会に苦手意識を持っているお子様の復習のお役に立てればと、
当教室では3/25(月)から春期講習を開催します。
受講相談を随時承っておりますので、
ご興味もたれた方は、下記までお気軽にご連絡お待ちしております!

成績保証のある個別指導塾
城南コベッツ 荻窪教室
℡:03-5347-0380
Fax:03-3391-0390

新着情報

カレンダー

アーカイブ

このブログを購読(RSS 2.0)