荻窪教室

Tel:0120-712-280

  • 〒167-0043 東京都杉並区上荻1-23-19 東神荻窪ビル1F
  • JR中央線/荻窪駅、地下鉄丸の内線/荻窪駅 北口 徒歩5分

受付時間:15:30~20:00 日祝休

荻窪教室からのメッセージ

社会編「選択科目を何にするかは早めに決めよう」

2019.05.04

こんにちは。城南コベッツ荻窪教室です。

高校生に向けた、社会の学習について今後、書いていきたいと思います。

社会科は、地理・歴史・公民を合わせると、全部で6科目もあります。

しかし、国公立文系の志望者で普通は2科目、私大文系の志望者で言えば1科目を完璧にしておけば問題のない教科でもあるのです。

早い時期に社会科でどの科目を受験に使うのか、ということを決めておくと、非受験生の時は、

英語・数学の軸の2教科に集中しやすくなり、本番にむけた長期的な学習計画も立てやすくなるでしょう。

また、学校の履修でどの科目を取るか、ということも大切です。

学校の履修希望は、おおむね前の学年の秋に出すことが多いですので、それまで受験科目をこうしようと、決めておけば、いざ受験勉強を始めよう!となった時に、受験で使おうとしている科目と学校で履修する科目が異なる、という最悪の事態も起きないわけです。

そして、社会は科目によって、負担の重さや勉強する上での考え方が大きく異なります。

この点を考慮せずに安易に決めてしまうと、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と高3夏休みを越えた後に後悔してしまうこともあり得ます。

選択科目を決めてから、現役生の少ない時間を有効活用して勉強を進めるか、ということは、

志望校を選ぶうえでの選択肢もより広がってくるでしょう。

その上で、高校1年・2年のうちに必要なことは、よく城南コベッツでの学習相談会でも申し上げておりますが、「学校の授業を活かすこと!」。これに尽きます。

そのためには、社会の選択科目を早いうちからはっきりさせておきましょう。

地歴(地理・世界史・日本史)と公民(政治経済・倫理・現代社会)では、それぞれ科目の特性・また入試に使いやすい、使いづらい、といった違いがあります。

それについてを次回は、みていきましょう。

城南コベッツ 荻窪教室

TEL:03-5347-0380

FAX:03-3391-0390

新着情報

カレンダー

アーカイブ

このブログを購読(RSS 2.0)