初石教室

Tel:0800-800-5282

  • 〒270-0114 千葉県流山市東初石2-184 サンマルヤマビル 1F
  • 東武野田線/初石駅 徒歩8分

受付時間:16:00~20:00 日祝休

2017.03.22


 ※2016年~2017年 休館日のお知らせ


 3月  日曜日のみ休館。



*受付時間のお知らせ
  16:00~21:00
※開館時間中は授業が入っていない日でも自習できます。
※講習会の受付時間は13:00~20:00に変更となります。
※城南コベッツに通っていない生徒さんでも簡単な受付をしてもらえれば自習できます。
お気軽に参加してください。

 

2017.03.08

嬉しいことに今年も公立大学の合格者を出すことができました。
予備校ではなく個別指導塾である当塾で、MARCHや公立大学の合格者が毎年のように出るのはとても誇りを感じます。
しかも今回合格したのは中学の頃から通っている生徒です。
高校受験では残念ながら第一志望には行くことができませんでした。
しかし、努力する事やめるどころか一層努力し、公立大学への入学を手にしました。

ご存知の方も多いと思いますが、国立公立の高校はセンター試験を受けなければならず、通常の私立よりも多くの教科を学習しなければなりません。高いレベルで幅広い教科を学習することは困難を極めます。得意な教科を伸ばし、苦手な教科でもそれなりの点数をとらなければなりません。さらに二次試験では難解な小論文なども出題されます。その難易度は表向きの偏差値以上に厳しいものです。

挫折を乗り越え夢に一歩近づいた彼女に拍手です。

城南コベッツ初石教室
一花徳行

2017.03.01

前期で落ちてしまった生徒は本日が後期受験です。
ここまで来たら祈る事しかできません。
駅で受験生を見送ります。
公立受験はどうなるかわかりません。
模試でかなりの確率で合格できると出ていても落ちる場合があります。
しかし、どんな結果が出たとしても生徒の頑張りが無に帰すことはありません。
どんな結果が出ても堂々としていてほしいです。
我々は生徒の頑張りを間近に見てきています。
それぞれがそれぞれの尺度で受験勉強に向き合っていました。
我々もどんな結果が出たとしても堂々としていられます。

城南コベッツ初石教室
一花徳行

2017.02.20

2/20(月)は千葉県立高校前期入試の合格発表の日でした。
みなさん心待ちに一週間を過ごしたかと思います。
合格した方はおめでとうございます!
一足先に合格して、ほっとしているのではないでしょうか。
しかし、勝って兜の緒をしめよという言葉もあります。
高校生になるまでしばらくありますが、一か月何もしない場合簡単に学力が下がってしまいます。
英語と数学は特に落ちやすいので、せっかく受験勉強で培った学力を落とさないようにしましょう。

残念ながら合格できなかった方は後期に向けて一緒に頑張りましょう。
その年によってできる時とできない時があるということは、実際に過去問をいくつか解いているので、みんなわかっているかと思います。
気にしないのは無理かもしれませんが、それほど気を落とすものではありません。
一度挫折を味わうというのも広い視野でみると決して悪いものばかりでもない、というのは大人だから言えることなのかもしれませんが、ひとつの真理だと思います。
また、周りには前期で合格を決めた友達が大勢いて、どうしてもその雰囲気に引っ張られるところがありますが、気を緩めないでください。

城南コベッツ初石教室
副教室長 一花徳行

2017.02.03

城南コベッツ初石教室では中学受験の生徒も受け入れています。
そして、今年なんと東葛飾中学の合格者が出ました。

東葛飾中学校は募集定員80名(男女同数を基本とする)のところ、男子493名、女子463名、合計956名が志願し出願倍率は12.0倍という狭き門です。

公立中学の問題は国数社理横断型(すべての教科が混ぜて出題されるタイプのテストです)の適性検査で、論理的思考能力、数的思考能力、作文など幅広い能力が必要とされます。
さらに面接ではコミュニケーション能力もみられるため難関となっています。
小学生の間から受験というとあまり考えられない保護者の方もいるかもしれません。
実際にわたし自身も田舎育ちで受験とは無縁だったので、都会の子供は小さい間からやりたくもない勉強漬けで大変なんだなぁと思っていました。

しかし、実際に公立中学の生徒を教えてみると自分の認識が間違っていたと思いました。
公立中学の問題はとても考えさせられる問題であり、そのための勉強というのは単に知識ではない本質的な頭の良さが問われるものが多かったです。
それは受験勉強というよりも遊びに近く、一緒に問題を解いていてわたしも生徒も楽しんでいました。
一般的な文系理系や専門学部にわけ何か特定の能力を伸ばす教育が悪いわけではありませんが、若い間は何かに偏らず総合的な思考力を鍛えるのも面白い教育方針だと思います。
より上位の知識にアクセスするためにはその下位にあたる知識が必要になります。
それは、『やりたい事を見つけるのにも知識が必要になってくるという事』です。
社会や自分自身がどのように変わったとしても対応できる幅広い知識と思考能力、表現力の研鑽は、変化の激しいこれからの時代を生き抜くにはとても有効だと思います。

今回教えた生徒は無事合格することができましたが、たとえ合格できなかったとしても公立中学受験の勉強を行った事は彼にとって無駄にはならなかったと、自信をもって言う事ができます。それほど公立中学受験の問題は面白く、思考力や表現力が鍛えられるものでした。

わたし自身の考え方が大きく変わった中学受験。
良き生徒に出会えた事に感謝します。
ありがとうございました。
そして、おめでとうございます。
さらなる活躍を応援しています。

0800-800-5282(通話無料)

城南コベッツ初石教室
副教室長 一花徳行(いっかのりゆき)

新着情報

カレンダー

アーカイブ

ページの先頭へ

資料請求

  • 無料体験授業のお申込み
  • 学習相談 教室見学
  • お近くの城南コベッツを探す

お問い合わせはお気軽に
10:00~20:00(日祝休)

0120-737-080