城南コベッツ池上駅前教室

Tel:0120-131-509

  • 〒146-0082 東京都大田区池上6丁目1-2 堤ビル 3階
  • 東急池上線/池上駅徒歩1分

受付時間:14:00~20:00/日祝休

  • 1対1個別指導
  • 1対2個別指導
  • atama+個別指導
  • 城南予備校オンライン

池上駅前教室のお知らせ

新高校1年生になったら知っておこう!中学と高校との違い4つ

2023.05.13

新高校生になった皆さんは、高校を卒業したあとの進路について考えていますか?

「はっきりとした目標はないけれど、なんとなく大学にいきたい」と思っている人も多いのではないでしょうか。

大学入試は皆さんが経験した高校入試とは大きく異なります。大学に進学したいと考えているなら「中学校と高校との違い」を知っておきましょう。

本記事では高校生になったら意識したいポイントについて4つ紹介します。高校1年生の今から意識して勉強に取り組むことで、大学受験のときに困らなくてすみますよ!

1.大学受験|2人に1人は推薦入試を受ける

グラフィックス1.png
皆さんが大学を受験する2026年は、推薦入試を受ける生徒の割合は65%程になることが予想されています。
推薦入試が大学入試のスタンダードということです。

「一般受験で一発勝負!入試の点数が合否を分ける」高校受験とは違うと知っておきましょう。推薦型の入試では高校1年生〜3年生の夏までの成績(評定平均/5段階)を選考に含むことが多く、4.5以上あれば選択肢が広がります。

つまり高校での定期テストで高い点数をとるなど、日常的な勉強が重要なのです。

「高校1年生の最初の定期テストから、大学入試が始まっている」という意識で学習に取り組みましょう。

2.科目数が増える

グラフィックス2.png高校生になると、科目数が増えて驚く人もいるかも知れません。

中学校では中間テストで5教科、期末テストで9教科でした。

高校の定期テストでは1回で約10教科もあります(文系・理系によって異なる)。

テスト前の勉強だけで、すべての教科を完璧に暗記・理解するのは難しいでしょう。

定期テストで困らないために、次のような対策が必要です。

  • 普段の勉強で「予習」「復習」を必ず行う
  • 難しすぎる問題にこだわらない
  • 確実にできる問題を増やす

たくさんの科目に対応するためには、普段の学習習慣と気持ちの切り替えが重要です。

3.学力が近い人が集まっている

グラフィックス3.png公立中学校では、学校内にはさまざまな学力の人たちがいます。勉強にやる気がない人も一定数いるため「当たり前のことを当たり前にやる(宿題やテスト勉強など)」だけで良い成績がとれたかも知れません。

ところが高校ではそうはいきません。中学校で10番以内の点数をとっていた人も、高校には各学校の10番以内が集まっています。

そこで力を入れて欲しいのが、定期テストです。定期テストでは努力した分だけ、点数に現れます。定期テストの点数は成績に直結するため、3年後の推薦入試の際に有利になります。

4.高校2年生で「文系」「理系」にわかれる

グラフィックス4.png高校に入っての大きな違いは、2年生から「文系」「理系」にわかれることです。中学校ではみんなが同じ科目を勉強し、同じテストを受けていましたよね。

文系、理系のどちらにするかは、高校1年生のうちから決めておきましょう。

普段の授業や定期テストで、どの科目に時間や力を注ぎ込めば良いかを決めやすいからです。理系にするなら、「生物」や「化学」などの科目に力を注ぐことができますよね。

他の勉強を疎かにして良いわけではありませんが、すべての科目を完璧にするのは難しいです。高校生の皆さんの時間は限られています。勉強のスケジュールを立てるときにも、優先順位をつけることが重要です。