城南コベッツ八王子みなみ野教室

Tel:042-632-5771

  • 〒192-0916 東京都八王子市みなみ野3丁目2-13 KEN BRIDGEビル 1階
  • JR横浜線 八王子みなみ野駅 徒歩3分

受付時間:15:00~20:00/日祝休

  • atama+個別指導
  • 1対2個別指導
  • 1対1個別指導
  • ジュニア個別指導
  • 総合型・学校推薦型選抜対策
  • 城南予備校オンライン
  • 定期テスト対策
  • 大学入試一般選抜対策
  • 高校入試対策
  • 中学受験対策
  • オンライン個別指導

2023.11.28


みなさんこんにちは!
城南コベッツ八王子みなみ野教室です。

東京都の多くの公立中学校では2学期期末試験が終わり、中学3年生は仮内申も伝えられている時期だと思います。
みなみ野教室でも、仮内申が発表され、いよいよ受験ラストスパート感が出ております。

仮内申が発表されたことで、都立推薦入試を受験しようとする方もいるのではないでしょうか?
都立推薦入試では、内申点、小論文と面接(今年度は一部高校で集団討論が復活します。)によって合否が決まります。

小学校、中学校で作文は書いてきても、小論文を書いてきた人は少ないのではないでしょうか?
今回は小論文のポイントについてお伝えしていきます。
中学3年生はもちろんのこと、中学1年生、中学2年生にとっても有益な知識になりますので、最後までお付き合い下さい。

1.作文と小論文の違いは?
作文と小論文は共通点がありつつも、いくつかの違いがあります。
以下は、それぞれの特徴と違いについての説明です。

作文の特徴:
①自由度が高い
作文は一般的にテーマが与えられ、その中で自由に表現することが期待されます。
作者の感情や体験、想像力が発揮されることが一般的です。

②文体の自由度が高い
散文や詩、物語など、様々な文体で作成することができます。
表現手段に制限がなく、作者が自分のスタイルで表現できます。

③感情や経験の表現
作文はしばしば、作者自身の感情や経験を表現することが求められます。
読者に感動や共感を呼び起こすことが目標とされることもあります。

小論文の特徴:
①テーマに関する論理的な分析
小論文は通常、特定のテーマに対して論理的な分析を行うことが求められます。
主題に対する論拠や論理展開が重視されます。

②客観性が重要
小論文は客観性が重要視される傾向があります。
主観的な感情や経験よりも、客観的な事実や論理的な説明が強調されます。

③論点の明確化
小論文では論点を明確に提示し、それに対して論理的な根拠を用いて説明することが求められます。読者に対して説得力を持たせることが重要です。

簡単に言えば、作文は作者の感情や表現が主体で、自由な形式が取られることが多い一方で、小論文は特定のテーマに対する論理的な分析と客観的な立場が求められ、論拠や論理展開が重要となります。

_27af6885-a38a-4419-9c62-f17bcc3bbe7c.jpg
2.小論文のポイント
さて、それでは実際に小論文を書く際にはどのような点を意識したら良いのでしょうか?
7つのポイントにまとめてみました。

①テーマの明確な理解
小論文の成功の第一歩は、テーマを明確に理解することです。
問題文や指定されたテーマに対して深く考え、キーワードや重要な概念を把握しましょう。
これによって、的確な意見や論点を提示する基盤ができます。

②構成の工夫
小論文は明確な構成が求められます。
典型的な構成は、「序論」「本論」「結論」です。
序論ではテーマの導入や自分の立場を述べ、本論では論点を展開し、結論ではまとめや提言を述べます。
この構成を守りながら、論理的かつ順序良く文章を進めましょう。

③具体例や事実の活用
論文をより説得力のあるものにするためには、具体的な例や事実を挙げることが重要です。
抽象的な論理だけではなく、実際の出来事や経験を交えることで、論文がよりリアルで読み手に訴えるものとなります。

④論理的な展開
小論文は論理的な展開が求められます。
各段落や文のつながりに注意を払い、一貫性を持たせましょう。
段落ごとに主題文や具体例を結びつけ、全体として一つの論理的な流れを作り上げることが重要です。

⑤文章の工夫
単調でない表現やバラエティ豊かな言葉遣いは、読み手の興味を引きます。
同じ表現を繰り返さず、様々な言葉を使うことで、文章全体が魅力的になります。

⑥文章の適切な長さ
指定された字数内で適切な内容を表現することも大切です。
あまりにも短すぎても、長すぎても伝えたいことがわかりにくくなります。
字数制限に合わせつつ、要点をしっかりと伝える工夫が必要です。

⑦校正と修正 最後に、書き上げた論文は時間をかけて校正しましょう。
文法や表現の誤り、不明瞭な部分を見つけて修正することで、論文全体のクオリティを向上させることができます。

以上が小論文の書き方と受験での成功のポイントです。
これらのステップを踏んで、テーマに対する深い理解と論理的な展開を心がければ、高い評価を得ることができるでしょう。

_95c57332-324c-480a-8601-5269f945824c.jpg

3.日常でのトレーニング
小論文は一朝一夕で書けるようなものではありません。
以下では受験に向けて行うべきことをお伝えいたします。

①過去のテーマで小論文を書く
東京都のホームページ(推薦入試テーマ一覧)にて、年度ごとに実施された内容が公開されております。
こちらから、受験校の過去のテーマにそって書いてみると良いでしょう。
その際、学校や塾の国語の先生に添削をお願いしましょう。

②日頃のニュースに対して意見を述べる
毎日のニュースで報道される出来事に関して、自分なりの考え、意見を親御さんに伝えてみましょう。
この際、主観的ではなく客観的、論理的に意見を述べることを心がけましょう。
こちらは実際に私が実践していたことです。小論文を書く際の意識づけにもなりますし、面接試験の時に自分の意見を伝える訓練にもなります。

都立推薦入試までは、あと60日です。
小論文は最低でも週に1つは書いていきましょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------
城南コベッツ八王子みなみ野教室では、小論文対策・面接対策も実施しております。
国語専任、大手IT企業で研修講師も務めてきた教室長自ら指導しております。
国語が不安という小学生、中学生、高校生、受験での小論文や面接に不安があるという方は、
ぜひ一度校舎にお越しください!

校舎見学、学習相談のお申し込み

※確認後、翌営業日以内に八王子みなみ野教室よりご連絡いたします。

【城南コベッツ八王子みなみ野教室】
東京都八王子市みなみ野3丁目2-13 KEN BRIDGEビル1F
※山梨中央銀行みなみ野シティ支店様が目印です。
受付時間:月〜土 15:00-20:00
TEL:042-632-5771
Mail:covez_minamino@johnan.co.jp
---------------------------------------------------------------------------------------------

2023.11.16


みなさんこんにちは!
城南コベッツ八王子みなみ野教室です。

2020年度に小学校5年生、6年生の英語が必修化になりました。
さて、実際に英語が今どれほど重要なのでしょうか?
英語が必要なのはわかっているけど・・・といったご家庭も多いのではないのでしょうか?
_c93c0703-227c-474f-a9d0-47403d3cfe57.jpg


今回は実用英語技能検定(通称:英検)の観点から英語の重要性をお伝えしていきます。

-------------------------------------------------------------------------
城南コベッツ八王子みなみ野教室は英語検定の準会場となっております。
城南コベッツにお通いでない外部の方の受験も受け付けております。

第3回英語検定の実施要項はこちら
第3回英語検定試験実施要項

お申込み方法などは教室までお問い合わせください。
TEL:042-632-5771
-------------------------------------------------------------------------

小中高生のお子様をお持ちのご家庭であれば、いずれ訪れるのが中学受験、高校受験、大学受験。
高校受験では多くの私立高校が、英検などの検定を内申点の加点していることはご存知の方も多いと思います。

実は、中学受験、大学受験でも多くの学校が英検や英語を重視しています。
それぞれについて述べていきます。

◎ 中学受験での英検活用
中学受験は国語、算数、理科、社会の4教科受験がメインとなっております。
近年では、国語、算数の2教科受験や英語入試を導入している学校も増えてきております。

中学受験での英検の特徴
① 得点加算
  英語入試を受けた際に英検の取得級数によって点数が加算されます。加算対象の級数や加算点は学校ごとに異なります。
② 判定優遇
  英検を取得していると「合否判定の際に考慮する」ことを定めている学校があります。
③ 出願資格・免除
  英語入試を実施している学校には、英検の取得級数を出願資格に定めていたり、取得級数によっては学科試験の免除を定めている学校もあります。

中学受験の学習は4教科の学習がかなりハードです。
しかし入学後、小学生の間に英語をしっかり学んできたか、そうでないかによって英語能力の格差が生じてきています。
そのため、英検などの資格取得を目的として、英語も並行して学ぶことが重要です。

◎ 高校受験での英検活用
東京都の私立高校は入試要項の中に英検取得級数による内申点の加点を設けている学校が多いです。
基本は英検3級で内申点に+1ですが、上位校や国際科、英語科などは英検準2級で内申点に+1という学校もあります。

私が中学生の時は、3級取れれば十分だったのですが、今ではより上位級が必要なことに時代の変化を感じています。

高校受験でまず重要なのが、内申点。
私立高校受験ではそれを加点できる検定取得が必須です。
中3の2学期までに最低でも英検「3級」、上位を狙う生徒は「準2級」、「2級」の取得を目指しましょう。

◎ 大学受験での英検活用
近年の国際化の流れで、英語の重要性が高まっていることもあり、大学入試でも英検を含む英語能力の活用がなされています。

大学受験での英検等の特徴
① 出願資格
 外部検定資格活用型や国際学部系では英検などの各種英語検定試験のスコアによる出願資格が設けられる学校があります。
② 得点換算・加点
 英検などの各種英語検定試験のスコアによる英語試験の得点を検定のスコアで換算したり、総合点に対して加点したりと大学によって優遇があります。

大学受験による英検の取得級数は「2級」!!
高校2年生のうちに英検「2級」まで取得しておくと良いでしょう。
_f70f8f98-acbd-4c81-991d-7ac622655c82.jpg
2025年度より、「2級」と「準2級」の間に新たな級が設置されます。これにより、各受験での英検の活用にも変化が生じると思われます。

英語能力は、これからの社会を生きていく上では必須です。
私の知り合いも以前、「明日、インドの人とオンライン会議なんだよ。英語で話さないといけないから大変」と言っていたことがありました。インターネットでより身近に海外の方と交流できる時代です。
英検取得を目標に英語能力を高めていきましょう。

-------------------------------------------------------------------------
城南コベッツ八王子みなみ野教室は英語検定の準会場となっております。
城南コベッツにお通いでない外部の方の受験も受け付けております。

第3回英語検定の実施要項はこちら
第3回英語検定試験実施要項

お申込み方法などは教室までお問い合わせください。
TEL:042-632-5771

体験授業・学習相談のお申込み

※確認後、翌営業日以内に八王子みなみ野教室よりご連絡いたします。

【城南コベッツ八王子みなみ野教室】
東京都八王子市みなみ野3丁目2-13 KEN BRIDGEビル1F
※山梨中央銀行みなみ野シティ支店様が目印です。
受付時間:月〜土 15:00-20:00
TEL:042-632-5771
Mail:covez_minamino@johnan.co.jp
-------------------------------------------------------------------------

2023.11.14


みなさんこんにちは!
城南コベッツ八王子みなみ野教室です。

みなみ野地区の中学校は絶賛2学期期末テストウィークです。
みなみ野中、由井中のみなさんは明日が最終日!気を抜かずいきましょう!!
七国中、打越中のみなさんは明日が初日。全力を出せるよう、最後の詰めを頑張ってください。

さて、中学3年生は期末テスト終了後、仮内申が発表されますね。
ここで志望校を最終決定する人も多いと思います。
今回は、長年多くの生徒を見てきた教室長の私から、第一志望校に合格する人の特徴を、こんな人が受かる!という受かる人の3つの共通点でお伝えしますので、参考までにご覧ください。

_a7962a9d-6f30-4582-b78e-ebf667a2b2fa.jpg

1.最後までブレない生徒

2024年度入試まで残り100日を切りましたが、毎年、受験生で春から一貫して志望校が変わらない生徒は、所感で6〜7割ほどです。現在の自分の成績と志望校とのギャップで諦めてしまったり、自分のやりたいことが別に見つかり方向転換したり、生徒によって様々です。(その選択が正しいかは人それぞれです。)

そんな中でも、「この生徒は必ず合格するな」という生徒は、第一志望校以外の話がほとんど出てきません。その学校にどうしたら受かるのかを考え、ひたすらに努力しています。

◯◯高校で吹奏楽で全国行きたい!
◯◯高校から大学進学して、夢を叶えるんだ!

強い想い、ブレない志が人を動かし、努力をしていきます。
心理学的にも、周りの環境や状況は情報にすぎず、人はその時に最適と思う行動を選択しているというものがあります。目的がはっきりしている人は、周りがどうであれ、目的達成のための最適な行動を選択しているということですね!

11351_color.png

2.自分で考えて行動している

◯◯高校に行きたい!と想いだけは強いが具体的に動かない、他人任せな生徒は受験後半の伸びが良くありません。本気で合格したい生徒は勉強を「自分ごと」とちゃんと捉え、「ここがわからないので教えてください!」「この単元が苦手なんですがどう勉強したらいいですか?」など具体的に質問や相談を持ってきます。

ここで実体験をご紹介します。
私自身が地元静岡で講師をしていた時に2人の生徒さんがいました。
2人とも将来の夢があり、そのために大学進学のために進学校に入りたいと思っていました。
2人に共通していたことが、内申点は足りているが、模試など実力テストで点数が取れないことでした。
さて、そんな2人が取った行動はなんでしょう・・・・


それは、「わからない問題の解説をしてほしいので、毎授業前に時間をください!」でした。
自分が合格するために必要なことは何なのかを考え、そのための行動を起こしたんです。
もちろん、2人とも第一志望校に合格しました。

自ら考え行動する力は、社会人になった時も大きな力になります。

18325_color.png

3.「継続」できる生徒

毎日塾に来て自習室で閉校時間まで勉強する、毎朝5時に起きて勉強する、休日は8時間勉強する、宿題は忘れずにやるなどなど、勉強をルーティーンとして実践できている生徒は安定して伸びてきますので、受験勉強を計画通りに進められます。

今日は疲れたから、明日頑張ろうといった行き当たりばったりで勉強している風の生徒はなかなか伸びません。さらに、ご両親も「あんなにやっているのになんで伸びないんだろう」と焦りにつながり、家庭の雰囲気も悪くなります。

毎日8時間は寝て、2時間は最低でも勉強する!勉強の最初には英単語帳を見る!など、小さなことでも実践して継続できる生徒は最終的に合格を勝ち取ります。

13427_color.png

いかがでしたでしょうか。以上が「こんな人が受かる!という受かる人の3つの共通点」でした!
自分は大丈夫!という人は、このまま突き進んでください。
ちょっと自信がない・・・という人は、1つのことからでいいので意識していきましょう。

もしもコベッツの力が必要なら言ってください!「こうなりたい!」という目標に向かって一緒に頑張りましょう!!

----------------------------------------------
【お申込み】

体験授業・学習相談のお申込み

※確認後、翌営業日以内に八王子みなみ野教室よりご連絡いたします。

【城南コベッツ八王子みなみ野教室】
東京都八王子市みなみ野3丁目2-13 KEN BRIDGEビル1F
※山梨中央銀行みなみ野シティ支店様が目印です。
受付時間:月〜土 15:00-20:00
TEL:042-632-5771
Mail:covez_minamino@johnan.co.jp
----------------------------------------------

2023.11.09


城南コベッツ 八王子みなみ野教室は、英検の準会場となっております。
英検(2023年度第3回)の受付は、11月9日(木)より下記の日程で行います。

受付時間:月〜土 15:00〜20:00

受験級:準2級、3級、4級、5級

受験締切:12月9日(土)
※電話、メールでの受験受付は行いません。必ず八王子みなみ野教室までお越しください。

◎ 実施要項 ◎
一次試験:1月14日(日)
試験会場:城南コベッツ 八王子みなみ野教室(準会場)

     開始時間    受験料
 5級:13:00〜14:00  2,400円
 4級:14:20〜15:40  2,800円
 3級:16:00〜17:30  4,600円
準2級:10:00〜12:00  5,600円

二次試験(準2級、3級):2月25日(日)
試験会場:指定された本会場

皆様の受験をスタッフ一同お待ちしております。

2023.11.06


受験勉強の大きな味方である過去問。

これをうまく活用することで、受験の成果を大きく左右することができます。
今回は、受験生が過去問を効果的に使いこなすための3つのポイントについて深掘りします。

1. 過去問で出題傾向とレベル感を掴む

まず最初に行うべきは、過去問を使って出題傾向と問題のレベルを把握することです。
これはどの科目においても共通する重要なステップです。
特に、数学や理科などでは出題される問題のパターンが比較的固定されている場合が多く、過去問をこなすことで何が聞かれやすいのか、どのような解法が求められるのかを熟知することができます。

具体的な取り組み方:
初めは時間を測らずに問題を解いてみましょう。
その後、正答率を確認しながらどの分野が得意でどの分野が苦手かをリストアップします。
また、解答速度も同時にチェックし、実際の試験と同じ時間内で解けるかを確かめてみてください。

2. 過去問を反復練習して弱点を克服

次に、過去問を繰り返し解くことで、苦手分野を克服しましょう。
単に問題を解くだけではなく、なぜ間違えたのか、どの知識が足りなかったのかを分析して、それを次に活かすことが大切です。

具体的な取り組み方:
間違えた問題は必ずマークし、定期的に戻って解き直しを行います。
また、間違えた問題だけでなく、正解した問題でも解法が最適だったのかを自己評価し、より効率の良い解法がないかを模索してみましょう。

3. 過去問を本番のシミュレーションとして利用

そして最後に、過去問を使って本番さながらの試験環境をシミュレートすることが有効です。
実際の試験時間を設定し、時間内に解き終える訓練を行います。
これによって、時間配分のスキルを身に付けるとともに、試験中のプレッシャーに慣れることができます。

具体的な取り組み方:

実際の試験と同じ時間設定で過去問を解いてみましょう。
また、試験日が近づいてきたら、同じ科目の過去問を連続して解くなどして、本番に向けた持続力も養うことが重要です。

まとめ:

過去問は、受験生が実力を試し、弱点を補強し、本番に備えるための極めて有効なツールです。
出題傾向の把握苦手分野の克服、そして本番のシミュレーションとしての活用。
これら3つのポイントを抑え、繰り返し実践することで、過去問から最大限の成果を引き出し、受験に臨むあなたを強力にサポートしてくれます。

最後に、自分を信じて一つ一つの問題に向き合っていけば、必ずや希望の結果が手に入るはずです。
勉強の進め方は人それぞれですが、計画的に、そして効率よく過去問を活用していくことが、成功への近道となるでしょう。
勉強のやり方が分からない人、過去問や問題集の使い方が分からない人、ぜひ城南コベッツ八王子みなみ野教室にお越しください。
八王子みなみ野地域に精通した教室長が、生徒一人ひとりに合わせて正しい勉強法や時間の使い方までレクチャーいたします。

-------------------------------------------------------------
お問い合わせはこちらから
城南コベッツロゴ.pngのサムネイル画像
-------------------------------------------------------------