城南コベッツ八王子元本郷教室

Tel:042-655-7455

  • 〒192-0051 東京都八王子市元本郷町3丁目13-17 八木下ハイツ 1階
  • JR中央線 西八王子駅 徒歩20分

受付時間:14:00~20:00/日休

  • 1対1個別指導
  • 1対2個別指導
  • atama+個別指導
  • デキタス個別指導
  • オンライン個別指導
  • みんなの速読
  • 城南予備校オンライン
  • 総合型・学校推薦型選抜対策
  • ジュニア個別指導
  • デキタス
  • プログラミング
  • スタディ・フリープラン
  • 高校入試対策
  • 中学受験対策
  • 作文教室

2024.05.19

5月~6月の休塾日は5月29日~6月2日(調整休塾日)です!

皆さん、こんにちは!
(*´ ³ `)ノ
城南コベッツ・ブログ担当の宗村です。

中間テストも終わりのシーズンが近づいてきました。
皆さん、進捗はいかがでしょうか?
テストが終わりウキウキの方もいれば、まだこれからテストという方もいらっしゃると思います。

定期テストで皆さんが一番気になるところは点数だと思います。
「何点取れたか」「平均点はどのくらいか」...
もちろんそれはとても大切です!

しかしそこばかり気にしてしまい、
せっかくのテストを受けっぱなしにしていませんか?

次回の期末テストで高得点を狙うカギはこの中間テストに隠されています!

そこで今回は中間テストの復習の仕方についてお話いたします!
このテストを最大限活用し、次のテストに向けた準備をしていきましょう!

皆さんは普段、テスト直しをどのようにしていますか?

「ただ点数だけ確認しておしまい」
「間違えた問題の答えを確認して正しい答えを書く」

そんな子も多いと思います...しかしこれだけでは不十分です!

大切なのは同じミスを繰り返さないこと!
\_(・ω・`)ココ重要!
そのためにも守るべき3カ条をお伝えいたします!


☆テスト直し3カ条☆
①点数を分析すべし!
②わかったつもりで止めるべからず!
③迅速にやるべし!



①点数を分析すべし!

点数が良かった場合でも悪かった場合でも
なぜその点数になったのかを分析するようにしましょう!

例えば数学が70点だった場合

・どこで30点落としたのか
・仕方のないミスだったか
・偶然正解した問題はあったか
・テスト勉強のどこが良かったか
・どう勉強していればもっと点数を伸ばせたか

などなど、その点数になった理由を分析してみましょう!
すると自ずと次回に向けた改善点・授業計画が見えてきます!

良かったところは次につなげ、悪かったところは改善していきましょう!




②「わかったつもり」で止めるべからず!

実はテストで一番多いミスは答えを見れば「あ~そうだったか~!」となるミス!

これの一番怖いところは
答えを見たら「わかったつもり」になってしまうところ!
なので確認だけで満足してしまい、きちんと解き直しをしない子が多いんです。

でもテストでは答えや教科書は見れません。
次やった時に何も見ずに解けなければ、またバツになってしまいます!

テストで間違えた問題は答えを確認した後、
何も見ないで解答できるようになるまで解き直しましょう!

「No more わかったつもり」!




③迅速にやるべし!(特に中学生)

近隣中学校は6月20日前後から期末テストが始まります!
復習を先延ばしにしてしまうと期末テスト期間の勉強が大変なことに...
そうならないために、苦手は今この瞬間に克服しましょう!

「テスト終わったばっかりだし...」
「部活が始まって大変だから...」

その気持ちは非常によくわかります、わかりますが!
未来の自分が楽をするために、今頑張りましょう!


城南コベッツでは定期テストの復習もサポートいたします!

自分一人では中々大変なテスト直しのお手伝いをいたします!
まだ入塾していない方も無料学習相談を受付中です!щ(゚Д゚щ)カモォォォン

次のテストに向けて、今できることからコツコツ始めていきましょう!
是非お問い合わせください!

2024.05.12

みなさんこんにちは!

新学期が始まってもう5月も半ばにさしかかりました。
教室では新しいクラスが嬉しそうな生徒もいれば、
仲いい子と一緒になれなかった...と沈んでいる子など様々です。

新しいクラスで一喜一憂するのもよいですが、
勉強にも目を向けなければいけません!!

そうです! 中間テストが早い学校は来週に迫っているのです!

「部活の練習で忙しい...」

「先生が変わって授業のやり方についていけない...」

大変なのはとーーーっても分かります

しかし、定期テストは待ってはくれません

対策をするには自習をしましょう!!!
授業で説明を聞くことももちろん大切です。
ですが! 点数を上げるには自力で、自分の手で問題を解くしかありません!!
「説明を聞いて理解したと思っていたが、
 実は理解できていなかった...」
「計算間違いをたくさんしてしまった...」
点数を取れない子のあるあるですね...
これらはいずれも演習不足が大きな原因です。

授業1回ではどうしても知識を定着させることは出来ません。
にも関わらず、1つの単元に授業を使いすぎると、
範囲の広い定期テストでは点数が取れなくなってしまいます。


そのため、当教室では自習を促進しています!


自習と聞くと家で問題を解くのと一緒じゃない?
と思われる方もいるかもしれません。

実は全然違うんです

ここからはそんな自習室のポイント3つ
に絞って説明していきます!

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


①サボれない

自習室のメリットとして真っ先に挙げられるのがこちらです。

管理する目線
こちらが必要なお子様は多いです。「管理する目線」があると

「解き方が分からず手が止まっているだけの時間が長い...」
「ついつい好きな科目ばかり勉強して勉強時間が偏ってしまう...」
「ちょっとした休憩のつもりが何十分、何時間もの間スマホを見てしまう...」

これらを防ぐことができます!


「自分の部屋で勉強をやってるん
だかやってないんだか分からない...」


そのようなお子様ほど自習室を使ったとき
の効果は大きいと思います!

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

②勉強をする理由を作れる


勉強が嫌いな子はまず家では勉強をしませんよね。
家にはスマホやゲームなど誘惑もたくさんあるかと思います。

そこで自習室です!自習室に来たらまずスマホは見れません
(連絡用と休憩時間で使うのはアリです!)

ご希望があれば講師がスマホを回収することももちろん可能です!

また、自習室に自分からには中々行かないという方には

スケジュールに自習日を組み込ませることも可能でございます!


〈例〉

スクリーンショット 2024-04-27 213823.png

上記の様に、スケジュールに組み込んでおくことで、
「自習の日だから塾行かなきゃ...」という
義務感を持たせることができます。

(最終的には自主的に通ってほしいところですが...)

うちの子は自分からは通わなそう...」
という方にはかなり効果的です!

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


③学習管理ができる

中学生は少なくとも5科目は定期テストの勉強をしなくてはいけません。

それらすべてを週1回や2回の授業で行うのは正直不可能です。
かといって5科目を全部受講するわけにもいかない...

そこで自習なのです!

当教室では受講をしていない科目でも質問を自由にできます。

また、頻繁に塾に来て講師とコミュニケーションを取れれば
受講科目以外の理解度などを講師が測りやすくなります。

そして、一人一人にあった課題をお渡しすることが
できるのは個別塾ならではの特徴です。

授業だけでは点数を上げるのは不可能と言っていいと思います。

どの塾にも自習室がついているのは、
定期テストの点数UP自習が必要不可欠だからです。
そして、うちの自習室はスタッフから質問をもらいに行く特別な自習室です!

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


ここまでお読みいただきありがとうございました!
自習の大切さを少しでも多くの方に知っていただければ嬉しいです。
無料体験授業も受付中ですので、気になる方は下記のリンクからお問い合わせください。


【お申し込み】
体験授業・学習相談のお申込み
※確認後、教室からご連絡をさせていただきます。

受付時間:月~土 13:00~21:30
TEL:042-655-7455

2024.04.25

4月29日~30日は第5週のため調整休塾日となります!授業はありませんのでご注意ください!

これだけはさみしいので・・・中学受験で有効な考え方でも書いてみようかと思います。


次の式を計算してください。(暗算&30秒以内でお願いします!)
19+199+1999+19999+199999+1999999+19999999+199999999+1999999999


答え

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

「2222222211」

それぞれの数字に1を加えると、
20+200+2000+20000+200000+2000000+20000000+200000000+2000000000
になります。これは簡単に計算でき、
2222222220
となります。1を9回足したので、これから9を引いた(下2桁だけの20-9をイメージ!)
2222222211
が答えとなります。

この考え方は中学受験で必要になります。(というか中学受験以外ではあまり使わないかも・・・)中学受験の算数はとにかく効率的に速く正確に!が基本ですので細かく筆算をしていると時間が不足しがちなんですね!
でも、筆算をサボる子どもたちはこの考え方にたどり着かなかったりします。なのでステップは一歩ずつ踏んでいくといいですね!

2024.03.15

中学・高校受験を頑張った皆さま、お疲れ様でした。
保護者の皆様も、本当にお疲れ様でした。

どの受験であっても、受験は通過点だと思います。
どんな結果であっても、そこから先の努力の継続が大切。

この春からは、次のステップへ!

まだまだ人生は始まったばかり。
努力は大人になっても続くものです。

ならば、その努力っていうものを楽しんでいこう!
そう感じられることを願っています。


そして、新しく受験生になられる皆様
既に中学受験生は新年度を迎えて約一か月が過ぎました。
テキストが新しくなり、ワクワクしながら開いてみたものの
そのレベルの差の大きさに戸惑っているというご相談もお受けします。

「志望校に手が届くレベルなのか心配」というご相談から
「志望校すら決められない」というお話までいただきます。

いずれにしましても、「お子様にとっての最善」を考えるのが
親心というもの。
「最善」いえ、「お子様にとっての最高!」をコベッツで見つけませんか。



リスタートするには最善の春。
春期講習の受付を開始しました。
その前に「学習相談」も行っております。
お問合せくださいませ。

学習相談申込フォーム


ご連絡をお待ちしております!

2024.03.10

こんにちは!!小学生向けの記事はひとまず最終回となりますが第四回を書いていきたいと思います。


前回・前々回では国語・英語についてお話しましたので、今回は算数についてご説明したいと思います!!

「国語や英語の記事はまだ見てない」という方は是非そちらもご確認ください!

算数とは無関係じゃ・・・?と思いきや、「文章の意味が理解できなくて算数の文章題が解けない・・・」なんて人もたくさんいますからね!

----------------------------------------------------------------------------------------

さて、まず小学校の算数とは何を学ぶのでしょう?

ざっと挙げていきますと、

・九九などの四則演算(+、-、×、÷)
・分数、小数
・時間や長さ、重さの単位
・図形や立体の面積・体積
・比例や反比例
・道のりや速さ
・平均値やデータ
etc...

小学算数といって侮るなかれ、これだけ様々なことを勉強しています。
(さらに細かく分類することもできますがとんでもないことになります...笑)

ちなみにこれらの中でも赤字で書いたところは、中学校の授業では「出来てて当然」と言わんばかりに解説なしに進んでいきます。

そして中学校では
分数・小数を含んだ文字式の四則演算
速さや時間に関する方程式
面積を文字で表現する
道のりをグラフ(関数)にして表す
といったことを勉強していきます。


つまり、小学校での遅れはそのまま中学校での出遅れを意味します!
そうなると中学校でも分からないところが増えて、そのせいで更に分からなくなって、、、と"分からない"の借金ループが形成されてしまうわけです。

-----------------------------------------------------------------------------------------

さて、「いろいろやらないとヤバいぞ~」という話をさせていただきましたが、「じゃあ具体的に小学生は何から勉強したらいいの?」と思った方も多いかもしれません。

そこで、私の経験に基づく独断と偏見により【小学生のうちにできておくべき単元ベスト3】をお伝えしますので是非参考にしていただけたらと思います!



【第3位 ~周・面積の求め方~】
まず第3位は図形分野からのランクインです。
具体的には三角形、長方形、正方形、平行四辺形、ひし形、円(扇形)を指しています。

その理由は

文字式や方程式において、面積などを文字で表現しなくてはならないから

です。

特に小学校までは長さが数字だったため、問題文に現れる数字を適当に掛け算したりすると答えにたどり着くこともありましたが、文字になると途端にわけが分からなくなる子が一定数います。

必ず各図形に関連する公式は定着させておきましょう。


【第2位 ~道のり・速さ・時間(みはじ計算)~】
個人的に苦手な人が多いと思う単元ナンバーワンです。

ランクインの理由は3位の面積と同じく、中学以降は文字で表現する機会が増えてくるからです。
それにも関わらず面積に比べて順位が高いのはズバリ、

分数の混じった計算が多くなるから、です。

・時間=道のり÷速さ、速さ=道のり÷時間、などの割り算
・秒速⇔分速⇔時速の単位変換

これらの計算を行うと必ずと言っていいほど分数が絡んできます。

分数:文字:速さの組み合わせは毎年のように中学生を苦しめています。

是非小学生のうちにみ・は・じに関連するは計算できるようになっておきましょう。


【第1位 ~四則演算(計算力)特に分数!~】
堂々の第一位は計算能力です!!!

これはホントにとってもすごく大切です。
面積でも、速さでも、方程式でも、計算は絶対100%必要になります。

さらに言えば、中学校の授業についていけなくなる人の半分以上はこれが原因と言っても過言ではありません。


☆数学の授業についていけなくなるよくあるパターン☆

先生「"三角形の面積は底辺×高さ÷2"ですよ」(板書する)

生徒「(ノート写さなきゃ)」

先生「実際の計算ではこうなります」

生徒「(ん?2行目から3行目ってどうやって計算したんだろう?)」

先生「"三角形の面積は底辺×高さ÷2"。大事なことなのでおぼえてくださいね」

生徒「(うーん、計算がうまくいかない...)」(話に意識が向いていない)

後日生徒「あれ、授業何やったんだっけ?」

☆終わり☆


本来の授業単元とは無関係な所でつまづいて、授業内容も入ってこなくなる。

こういうケースを本当によく見かけます。

そんなことにならないために、計算力は必ず身につけましょう。

単に「正しく計算できる」だけでなく「すばやく計算できる」ということが大切です。

----------------------------------------------------------------------------------------


八王子元本郷教室の算数では、授業内の演習では時間を測りながら問題演習に取り組んでいます。これによって、普段から時間を意識しながら解く癖をつけ、どうやったら効率よく素早く計算できるかを学んでいきます。また、計算力の向上に一番必要なものは演習量ですので、授業外で自習室に連行し(笑)、課題をやってもらうこともあります。

気になる方は是非一度、八王子元本郷教室の算数の授業を体験してみてください!!