城南コベッツ赤羽南教室

Tel:03-6903-8030

  • 〒115-0044 東京都北区赤羽南1丁目3-7 セキネビル 3階
  • JR線「赤羽駅」南改札口より徒歩3分

受付時間: 15:30~20:00(火~金)/14:30~19:30(土)/休み(日月祝)

  • atama+個別指導
  • 総合型・学校推薦型選抜対策
  • スタディ・フリープラン
  • 算数オリンピック対策
  • 定期テスト対策
  • 大学入試一般選抜対策

2024.02.23

こんにちは。
今回は閲覧注意シリーズ、題して【閲注シリーズ】の第3弾です。


この閲覧注意シリーズとは、私が日頃感じている社会の問題点等について、個人的な意見を述べるブログです。
内容によってはご不快感を覚える方もいらっしゃるかと思い、閲覧注意としております。


幸いにも理解の深い読者の方々のお陰で、今日までクレーム等のお話は来ておりません。
本日の内容もかなり際どいことをつっつくので、予めご了承いただける方のみご覧いただければと存じます。







「塾って、サービス業でしょうか?教育業なんでしょうか?」

学校の教育現場でも、教師がサービス業化していると言われて久しい昨今ですが、皆様いかがお感じになっておりますでしょうか?




私の知っている、予備校経営者からの話を例に取り挙げます。
↓ ↓ ↓
以下は、とある予備校のクレーム窓口に寄せられたクレームです。

A. 『子どものやる気が削がれるから、勉強しろしろと言わないでほしい』
B. 『受付から笑い声が聞こえてきてうるさい』


私はこの話を聞いたとき、二の句が告げませんでした。

一体このクレームを寄越した人たちは、何がしたくて予備校に通っているのでしょうか?
自分は、誰にも一切の迷惑をかけずに生きているというのでしょうか?




まずAの『勉強しろしろと言わないで』ということですが、逆に塾や予備校で、他に何を言えば良いというのでしょうか?
生徒に学習環境を与え、偏差値を伸ばすのが、予備校の仕事です。

その予備校で、学習量が足りていない生徒や、今のままでは目標に到達しないと予測される生徒に、手遅れになる前に勉強のペースを早めてもらおうという意図があっての声掛けです。れっきとした塾・予備校の仕事の一環です。
それを辞めてほしいとお願いするなら、自分が予備校を辞めればいいだけの話です。

子どもは誰からも急かされることなく、自由にのびのび勉強すればいいじゃないですか。
予備校に在籍しながら、不十分な勉強を続けられても、予備校側にとっては迷惑な話だと思いますが。
成績は伸びないし、本人は変わろうとする気がないんですから。






では次にBの『受付の笑い声がうるさい』の件ですが、ひどいですよね。

誰だって、校舎に入ったら明るく迎えられたいじゃないですか。
明るい笑顔と、元気な声で挨拶されたら、「今日も勉強頑張ろう!」ってなるじゃないですか。

予備校となれば生徒も多いんだから、授業に来る生徒も、自習に来る生徒もたくさんいる。
受付を通る人の数が多いのは当然です。

そして受付スタッフと会話だってあります。
勉強の話かもしれないし、友人や時には恋愛相談をする生徒もいるかも知れない。
そうやって予備校のスタッフと絆を深めて、一緒に大学受験に向けて頑張っていくってもんなんです。
うるさいなんて、言えたもんじゃないです。




上記以外にも、まだまだ開いた口が塞がらないようなクレームは毎月たくさん送られてくるみたいです。
この話は予備校だけにとどまりません。

私の知り合いの学校長は、

『学校は完璧にサービス業化したよ。』
『あなたの所では、頑張って今のままのスタイルを貫いてね。応援してるよ。』

と、ここまではっきりと学校のサービス業化を言い切ってしまうのです。





もともと教育業であるものが、サービス業化していくとどうなるか分かりますか?

それってつまり、生徒がお客様になるってことです。

生徒がお客様になると、どうなるか?

大人の言うことをどんどん聞かなくなります。


教育業界における大人とは、教師のことです。
教師の言うことが聞けないということは、授業の内容が頭を素通りしていくようになるってことです。
だって、自分がしたいと思ったことをさせてもらうのが、サービス業におけるお客様の在り方ですから。

「聴きたい、学びたい、吸収したい」と思って臨むから、ようやく難しい内容が頭に入ってくるのです。
教えてもらおうというスタンスを取っている生徒は、何年浪人しても受かりません。


お客様化した生徒は、授業も聞かなければ、勉強に関するアドバイスを聞いても納得できないからやらない。
目の前の大人が教えてくる内容よりも、自分のやり方の方が自分に合っていると思うから、取り入れようとしません。


こうやって自分の首を知らずに締めているのに、それについて誰からも教えてもらえません。
だってお客様に注意をしたら、気分を害してしまうから。
万が一怒らせたら、クレームが寄せられるから。
満足のいくように、それなりに対応しておくのが無難だと誰でも考えてしまいます。当然のことです。





ただそれではやっぱり生徒本人は不幸以外の何物でもありません。
まだその事実を知らないだけ、現実が分かっていないだけの子どもには、なんとか社会の基本というものを教えてあげたい。

私はそう思うのです。

だからちょっと怖がられようが、真剣に伝えます。
間違った考えのまま、勘違い野郎のまま大人になると、後でどんなに苦しむか。
どんなに手痛いしっぺ返しに遭うか。

あの時、あの人に言うこと聞いていたらとどれだけ後悔するか。



だから、ウチの教室では「人間的成長」を目標に掲げるんです。

社会に出る前に、お金を払っているうちに、まともな人間にならないと。
お金を貰う立場になった途端、誰も相手にしてくれなくなる。
バカとも言ってもらえない、ただ無視されるだけ。
(by  代々木ゼミナール数学予備校講師 荻野暢也先生

誰にもそんな思いをしてもらいたくない。
せめてウチに通う生徒たちには、社会人になる時 全員まともな大人になっていてほしい。
その準備となる学びをこの教室で得てほしいと日々強く願っております。



IMG_0114.JPG
城南コベッツ赤羽南教室
~人間的成長なくして学力の成長なし~

東京都北区赤羽南1-3-7 セキネビル3F
(赤羽駅南改札より徒歩2分)
℡.:03-6903-8030  
Mail: covez_akabaneminami@johnan.co.jp
※電話対応時間:㈫~㈮ 15:30~20:00 / ㈯ 14:30~19:30

2024.02.20

R1.png

りんご塾赤羽南教室
です!
(城南コベッツ赤羽南教室に併設されております。)



今日は、りんご塾にお問い合わせいただいた保護者の方から頂いたご質問を、皆様に共有させていただきます。
まずはどの学年の保護者様からもご質問いただくことなので、"宿題"についてお話します。

当教室では塾全体の方針として、宿題は出さないこととしております。
理由は、宿題に掛かる家庭とお子さんへのご負担を最小限にするためです。



塾から宿題が出ると、必ず家庭内にて、

保護者.「明日、りんご塾だよ。宿題やった?」
子ども.「まだやってない」
保護者.「早くやらないと!」

といったやり取りが起きます。


こうなっては親子の間に険悪ムードが漂ってしまいますし、お子さんに『勉強って楽しい』と感じてもらうことはおろか、下手をすれば、りんご塾そのものを嫌いにさせてしまうかもしれません。
それでは誰にとっても不幸です。

りんご塾にお通いのお子さん全員に、毎週の授業を『一週間の中でも、楽しみな時間』と思っていただくためにも、原則として全員、宿題を課すことはしていないのです。



<追記>
授業中にお子さんが『苦手そうにしている』『少し見直しが必要』な単元等が見つかった場合、以下のような対応を取っております。

講師A.「時計の問題で、●時まであと何分といった問題がなかなか理解しにくいようです。」
   「お家でも、気づいた時に 似たような質問をしてみてもらえますか?」

保護者.「はい、ちょっと意識して声をかけるようにしてみます。」


次に授業に来る時までの一週間で、親御さんがこまめに日常生活の中に『●時まであと何分だろう?』とお声掛けくださったおかげでそのお子さんはすっかり時計の問題が解けるようになっていました。

小学校低学年までの勉強は、全て日常生活に起こる事柄について扱っているので、宿題を出すよりも、こまめにおさらいする機会を設けるほうが学習内容がずっと身につきます。

お子さんや保護者の方の負担も少なく、このやり方が最適だと考えております。




今後も、りんご塾に寄せられたご質問や、
赤羽南教室の指導方針をこちらのブログにてご紹介していきます!

これからもたくさんの子どもたちの「楽しく勉強する場」であれるよう、
スタッフ一同、鋭意努力と工夫を続けてまいります。

何卒よろしくお願いいたします!!




お問い合わせはこちらをクリック↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

白ロゴ_りんご塾_カラー_横.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お問い合わせはこちらをクリック↑



りんご塾赤羽南教室では、小学3年生までを募集対象とした算数専門の塾です。
(小学4年生以上は、持ち上がりの生徒のみとさせていただいております)





IMG_2532.jpg
りんご塾赤羽南教室

〒115-0044
東京都北区赤羽南1-3-7 セキネビル 3F
(城南コベッツ赤羽南教室に併設しています)

2024.02.20

3月の休館日をお知らせいたします。

3月の休館日は、
毎週日曜日月曜日です。


お間違いのないよう、お気をつけください。


図3.png

2024.02.13

皆様、いつもお世話になっております。
城南コベッツ赤羽南教室です。


いつも多くのお問い合わせをいただき、誠にありがとうございます。

私たちは「城南コベッツ」では中高生、
「りんご塾」と「ことばの学校」では小学生と年中・年長の生徒を対象に募集を行っております。

本日は「資料請求」のお問い合わせを頂いた場合についてお伝えしたい点が一点ございます。




誠に恐れ入りますが、

「城南コベッツ赤羽南教室」
「りんご塾赤羽南教室」「ことばの学校赤羽南教室」
(上記3教室を併せて、以下、「当教室」と呼称)

には、お送りできる資料のご用意がございません。




「資料請求」のお問い合わせを頂いた場合は、メールにてチラシデータを添付して送信させていただいております。
理由といたしましては、当教室が他の城南コベッツやりんご塾、ことばの学校の各教室とは異なっている多数の事項について書面ではお伝えしきれないためです。

実際の指導内容と、資料をご覧頂いた皆様のご理解との間の相違や誤解を避けるために、このような形式を取っておりますことを、ご了承いただけますと幸いです。



下記に、私たちが資料請求の対応をあえて行わない理由を詳述いたします。
既にご入塾いただいている方も、これからお問い合わせを考えている方も、ご一読いただけますと幸いです。



<1>正しい意図が伝わらない

当教室には、明確な指導方針の軸となる考えがあります。
この考えに込められた意図を正確に伝えるために、資料請求の対応を行っておりません。

「指導方針 -大学受験指導が最終目標-
「併設教室 -りんご塾・ことばの学校を併設-
「募集対象 -中高一貫校の中学生、高校生のみ募集 / 年中・年長・小学1~2年生まで募集-



-指導方針-


まずは指導方針ですが、私たちは生徒の最終到達点を『大学入試で最良の結果を残すこと』としております。どの学年の生徒であれ、たとえ小学校入学前のお子さんでも、入塾前にはこのお話をお伝えしております。

目先の模試や定期試験にのみフォーカスした付け焼刃的な勉強をさせず、根本的に「考えること」「根気」といった部分を身に着けてもらいたいという考えが根底にあります。
そうした力を身に着けていった先には、大学入試さらには社会人として生きていくのに十分な素地が育まれると考えるからです。


-併設教室-


城南コベッツ赤羽南教室には、幼児と小学生向けの教室を併設しております。

▶思考力や立体感覚を遊びに近い感覚で育てる『りんご塾
▶算数の先取りを下支えする国語力を読み聞かせから育てる『ことばの学校


これらは大学入試を長年指導してきた中で、子どもが大きくなる前に是非ともつけてほしい力を伸ばす塾がほしいと考えて開校した教室です。

りんご塾で鍛えられる「論理的な思考力」と、
ことばの学校で育む「語彙力」や「読解力」といった力が後々必要なのです。

上記2教室を併設し、同時受講ができるのは、全国でも赤羽南教室しかありません。
私達の考えや方針に多くの保護者様に共感いただき、受講生の割に同時受講をしていただいております。



-募集対象-


城南コベッツ
特に中学生以上では、募集対象を「中高一貫校の中学生」「高校生」と限定しております。

これは大学受験指導に集中するためです。

高校入試がある場合、中学2年生以降は、どうしても受験のための5教科全ての対策と過去問指導が必要となります。高校入学前の時期に、腰を据えて主要2科目である「英語」と「数学」をじっくり学習し、高校入学後の内容まで先取りして行っていくためにも、このような方針としております。
せっかくお問い合わせを頂いても、公立中学校にお通いの方はお断りをさせていただいております。
ご期待に添えなかった方々、申し訳ございません。


りんご塾ことばの学校
募集対象学年を「小学1・2年生」「年中・年長さん」としております。
小学3年生以上は、持ち上がりの生徒様のみ授業をさせていただいております。

中学受験の有無に関わらず、「基礎的な思考力」や「根気強く試行錯誤」することは、その子が大きくなって勉強を頑張ろうとした時に大きな後押しとなってくれます。小学校低学年までの、「勉強と遊びの区別がついていない時期」に、自然とそうしたことを学んでいけるようにという考えから対象学年を上記の学年に限定して、授業を提供しております。





<2>来校して直接お話を聞いてほしい

上記の内容に留まらず、当教室では使用教材にも「オリジナル映像」を使用したり、生徒への学習指導として「超具体的な学習計画」を伝えたり、定期試験2週間前までの徹底理解を促進する「確認テスト」など、あらゆる試みを行っております。

教室HPにてご紹介はしているものの、全てを文面でお伝えするのには、限界があります。
またこれら複数の提供内容を、生徒の学力や意識、勉強の進度に合わせて、段階的に変えています。
ですので、ご来校いただかない限りは十分にご理解いただくことができないのです。


体験授業をしていただかないまでも構いません。
お問い合わせフォームの「その他」の欄に相談をしたい旨をご記入いただければ、体験授業をなさらない場合でも対応させていただきます。
是非、勉強に関するお困り事や疑問点、不安を解消する機会としてご利用いただければと存じます。

当然、ご相談にあたってご入会の確約であったり、体験授業が必須になると行った縛りはございません。
勧誘のお電話、メールも一切いたしません。(ご相談の後、体験授業は一応お勧めいたしますが、その他の営業は一切行いません。)
どうぞお気軽に、お話を聞きに来ていただければと思います。
(ご来校の前には、必ず来校日時のご予約をお取りください。ご予約はお問合せフォームまたは、教室Tellにて承ります。)





<3>指導方針にご賛同いただける方にだけご入塾いただきたい

当教室は、より多くの生徒にご入塾していただくことが目標ではありません。
『教室の指導方針に賛同して、是非この塾で勉強したい!』と熱意をもっている方にのみご入塾していただきたいと考えております。

このように考えている理由は、
ひとえに『生徒の人間的成長』に学力の向上と同程度の重きを置いているからです。

教室内を生徒の「良い成績を取りたい!」という向上心で満ちた場所にしたいし、
生徒もアルバイトの大学生も含めた全員が、頑張ろうと努力する人たちの集団にしたいという非常に強い思いがあるからです。
そういう集団が作る雰囲気の中で、互いの頑張る姿を見て、励まし合うような環境を作りたいので、この方針には譲れないものがあります。

更に申し上げますと、前述の「大学入試で結果を残す勉強」に向けて勉強すること、
つまり直近の定期試験の点数がすぐに上がらなくとも、じっくり高校3年生の冬に向けて地道な勉強をしていくことにご理解をいただけること。

この2点が共有できる方に、ご入学いただきたいと考えております。




以上が、当教室が「資料請求」の対応を行わない理由です。

当教室は城南コベッツという看板を掲げる小さい教室ながらも、
「大学受験」「高校数学」については、都内のどの塾・予備校よりも適切な指導ができるという自信があります。
私たちの指導が確かなものであるかどうか、どうか実際にお確かめください。

教室ホームページのブログにて、指導理念や指導方法について紹介しております。
まだご覧になっていない方は、下記リンクよりご覧ください。

指導理念

数学指導について

アタマプラスの指導について

推薦受験(総合型・学校推薦型)の対策について



私たちは確固たる指導理念を掲げておりますが、

根本は、より多くの子どもたちに
「大学受験で最高の結果を残してほしい」
「勉強を通して人として成長してほしい」
という考えに基づいております。

ですので固く考えず、勉強に関するお困りごとのある方であれば、お力にならせていただきたいと思います。

どうそ皆様のお問い合わせをお待ちしておりますね。






IMG_2519.jpg
城南コベッツ赤羽南教室
~人間的成長なくして学力の成長なし~


東京都北区赤羽南1-3-7 セキネビル3F
(赤羽駅南改札より徒歩2分)
℡.:03-6903-8030  
Mail: covez_akabaneminami@johnan.co.jp
※電話対応時間:㈫~㈮ 15:30~21:00 / ㈯ 13:00~20:30




2024.02.09

HPお知らせ.png

いつもお世話になっております。
城南コベッツ赤羽南教室です。


当教室は「大学受験・高校数学」に強い個別指導教室として、多くの生徒や保護者の方にご支援ご賛同いただき運営しております。
お陰様で多くの生徒にお通いいただき、小さい教室ということもあり、受け入れ可能な座席数がわずかとなりました。


誠に恐れ入りますが、
今年(2024年)に新高2・3年生となる生徒様の新規受け入れを
4月末日をもって停止させていただくこととなりました。



大学入試で結果を残したいという気持ちのある中高生に、一人でも多くお通いいただき、私たちの持ちうる全てのノウハウや学習指導をさせていただきたいと願っており、誠に不本意ではございますが、この度の決定に至りました。

4月末までにご入会いただく場合には、新高2・3年生であっても通常通りの受け入れ態勢を整えております。
また、「中高一貫校にお通いの中学生」「新高1年生」につきましては募集を継続してまいります。
現在お通いの生徒様につきましては、引き続きご通塾いただけますのでご安心ください。



以上、ご不便おかけいたしますが何卒ご理解ご了承いただけますよう宜しくお願い申し上げます。




長谷先生の授業.png
城南コベッツ赤羽南教室
~人間的成長なくして学力の成長なし~


東京都北区赤羽南1-3-7 セキネビル3F
(赤羽駅南改札より徒歩2分)
℡.:03-6903-8030  
Mail: covez_akabaneminami@johnan.co.jp
※電話対応時間:㈫~㈮ 15:30~21:00 / ㈯ 13:00~20:30