城南コベッツ神戸深江教室

Tel:078-451-6080

  • 〒658-0021 兵庫県神戸市東灘区深江本町4丁目5-12 1階
  • 阪神本線「深江」駅 徒歩3分

受付時間:14:00~20:00/日祝休

  • 1対1個別指導
  • 1対2個別指導
  • atama+個別指導
  • デキタス個別指導
  • オンライン個別指導
  • 城南予備校オンライン
  • 総合型・学校推薦型選抜対策
  • ジュニア個別指導
  • デキタス
  • プログラミング
  • 定期テスト対策
  • 大学入試一般選抜対策
  • 高校入試対策
  • 中学受験対策

2024.06.22

 皆さんが普段使っている「日本語」は、正しい表現でしょうか?

 「若者言葉」はすぐに廃れてしまうケースも少なくないですが、その時代のトレンドが深く反映されているものもあります。
 また、広がっていく過程で意味が変化する言葉もあり、もはや何が正しいのか分からなくなることもあるかと思います。

 バイト敬語
 「ご注文は以上で、よろしかったでしょうか」「お弁当のほう、温めますか」「1万円からお預かりします」・・・。
 これらの言葉は、ファミリーレストランやコンビニエンスストアなどの店員がしばしば使い、「バイト敬語」と呼ばれています。文化庁が2014年3月に調査した「国語に関する世論調査」によると、半数以上が「バイト敬語」に対して「気になる」と回答しています。
バイト敬語_Image Enhancer.jpg出典:日本経済新聞_2015.02.04

 普段、下記のような言葉を使っていないかを改めて確認してみるのもいいと思います。
バイト敬語2.png出典:X_はるゆき_伝え方のすべて

 飲食店やコンビニエンスストアなどのアルバイト店員は比較的若年層が多いため、これらの言葉は「若者言葉の乱れ」として捉えられることもあります。その一方で、有識者の中には、「日本語の変化」として捉えている専門家もいらっしゃいます。

 ら抜き言葉・い抜き言葉
 誤用表現の例をいくつかご紹介させていただきます。
【ら抜き言葉】
いつでも遊びに来れるいつでも遊びに来れる
自分で着物を着れる → 自分で着物を着れる
【い抜き言葉】
マラソン選手が走ってます → マラソン選手が走ってます
財布にお金が入ってない → 財布にお金が入ってない
【だ抜き言葉】
大丈夫と思います 大丈夫と思います
今日中に仕上げるのは大変と思います 今日中に仕上げるのは大変と思います
【さ入れ言葉】
明日は休ませていただきます 明日は休ませていただきます
そのイスに座らせてください そのイスに座らせてください
【れ足す言葉】
この本は一日で読め この本は一日で読める
雨でも買い物に行け 雨でも買い物に行ける
 これらの言葉はテレビでもよく耳にしますが、文法的には正しい日本語ではありません。友人同士などのカジュアルな会話では自然に聞こえますが、上司や取引先との会話ではくだけた印象になってしまいます。

 言葉の誤用
 「気が置けない」という慣用句を聞いて、どのような意味を思い浮かべますか?

 「気が置けない」は「相手に気配りや遠慮をしなくてよい」が本来の意味ですが、「相手に気配りや遠慮をしなくてはならない」というまったく反対の意味として広まっています。
 つまり、「気が置けない友人」という本来の意味は「互いに遠慮しあうことのない、仲のよい友人」ということになります。

 他に、下記のような誤用しやすい慣用表現があります。
間が持たない → 間が持てない
足元をすくわれる → 足をすくわれる
声をあらげる → 声をあららげる
押しも押されぬ → 押しも押されもせぬ
熱にうなされる 熱に浮かされる
出典:日本経済新聞_2015.08.02

 日本語の表現は難しいので、小学生の段階から意識的に正しい表現方法を身につける必要があります。
 

2024.06.14

 中学受験
 大阪と京都、兵庫、奈良、和歌山、滋賀の近畿2府4県で、2023年度中学入試の受験率が平成21年以来、14年ぶりに10%を超えました。さらに、2024年度は10.17%に上昇して過去3番目の高さになりました。
出典:読売新聞オンライン_2024.03.12
中学受験率の推移.png出典:産経新聞_2024.07.24

 中学受験熱が高まっているのは首都圏だけではありません。公立校志向が強い関西でも2023年入試から中学受験ブームが到来しています。

 選抜方法
 関西圏の中学入試は、毎年1月の第2もしくは第3土曜日が統一入試日(入試解禁日)で、ほとんどの学校が、この解禁初日か、解禁2日目に入試日を設定しています。

 関西圏の中学受験生の平均出願校数は、3~4校です。しかし、解禁初日と解禁2日目に入試が集中すると、各日1校ずつ、合計2校しか受験できません。そこで、1日で2校(2回)の受験が可能にするために「午後入試」の導入が始まりました。入試日に午前日程・午後日程を設定することで、2日間で4校(4回)を受験することができます。

 また、従来の学力試験(一般入試)以外にも、「英語入試」、教科学力だけで測れない潜在能力を見い出す「自己推薦型入試」「適性検査型入試」「思考力型入試」など新しい試験を導入する学校も増えています。
① 英語入試
 小学校での英語必修化(教科化)などを受け、入試科目に英語を取り入れた選抜方法です。試験は筆記、英語面接、リスニングテストなどが主流です。
 「国・算必須+理・社・英から選択」「国必須+算・英から選択」「英語必須+国・算から選択」などの入試科目選択パターンがありますが、中には「英語のみ」という学校もあります。

② 自己推薦型入試
 学力のみならず、小学校での活動や課外での活動など、学科試験では測りきれない能力や頑張りを総合的に評価する試験です。出願要件や入試内容は各学校によりますが、「面接+作文」で評価する学校が多いです。

③ 適性検査型入試
 公立中高一貫校が採用している選抜方式で、例えばコメの栽培方法や気温の推移を示した上で「オーストラリアでの田植えと収穫はいつ行うのが適切か」など、教科を横断した問題が出題されます。答えだけでなく、そこに至る過程や理由、論理性なども説明することが求められる選抜方式です。
 
④ 思考力型入試
 「思考力」を見る入試で、例えば「クラス内でもめごとが起こった。あなたならどう解決するか」など、特定の正解がない問題が出題されます。正解がないだけに、対策が難しい面もあります。
出典:スクールポット
 志望校の選定では、特徴的な選抜方法を実施している学校かどうかを確認し、早い段階から対策していく必要があります。

 算数力
 「算数力」とは、情報処理能力、論理的思考力があるのはもちろん、「考えること」が大好きで、考え続けられる能力のことを指します。

 近年、ますます激化する中学受験競争において、最も重要なのがこの「算数力」です。覚えれば誰でもできる暗記科目とは異なり、算数は思考力の差がつきやすく、得意かどうかが合否を分けることになります。最近では算数1科目入試を採用する学校も増え、今後もそのトレンドは続くことが予想されます。
出典:田邉 亨:著 『「算数力」は小3までに育てなさい』 ダイヤモンド社:刊

 子どもに絶対に身につけさせたい「算数力」は、どのようにして鍛えれば良いのでしょうか?そのカギは、苦手意識がつかない低学年のうちに、徹底的に考えることの楽しさを教えること にあります。

 当教室では、「算数力」を鍛えるカリキュラムをご用意しております。まずは、オリジナルのパズル教材を使って、考えることの楽しさを体験してください。
 

2024.06.06

 「平等」と「公平」
 「平等」「公平」。皆さんは違いを説明できますか?

 「平等」は「個人の特性や能力をまったく考慮せず、すべての人を同じように扱うこと」です。それに対して、「公平」は「個人の特性や能力を考慮して、すべての人を同じように扱うこと」で、個人の特性や能力を考慮するかしないかで意味が異なります。

 「現実」「平等」「公平」「公正」をわかりやすく示したイラストを見てみます。サッカーの試合を壁越しに観戦している様子をイメージしてください。
現実・平等・公平・公正.png出典:VOCES UNIDAS ACTION FUND
平等 : 年齢や性別に関係なく、すべての人に踏み台を均等に与えている
公平 : 年齢や性別を考慮した上で、踏み台を割り振っている
公正 : 原因である壁を取り除くことで、すべての人がサッカーを観戦できる
現実 : 人によって、必要以上に与えられたり、必要以下にしか与えられない
 
 イラストの通り、「平等」に扱っても、すべての人にとって良い結果になるとは言えません。人間は、基本的に百人百様なので、一人ひとりの違いに合わせたサポートを完全な形で提供することは難しいと思います。
 しかし、「公正」のイラストにあるように、障壁となるものを取り除くことで、すべての人が同様に感動体験を共有することができます。

 「公正」で個別最適な学び
 この「公正」を学力レベルでイメージするとどうでしょうか?

 生徒全員が、すべての教科で高い学力レベルを持ち合わせているかといえば、そうではないと思います。それぞれ、得意な教科や不得意な教科が異なったり、また、クラス内でも生徒によって学力レベルにかなりの格差があることも珍しくありません。
 そのため、性格や思考がまったく異なる生徒に対して画一的な授業を進めていくのは「平等」ではありますが、「公平」でも「公正」でもないと言えます。

 今から約150年前、現在のスマホは「ベル電話」で、自動車は「人力車」でした。明治以来の150年間であらゆるものが大きく変わりましたが、日本の教育はどうでしょうか?
 教室で黒板を背にした先生の話をたくさんの生徒が黙々と聞く授業風景の写真がありますが、現在と比べて変化しているでしょうか?
明治・大正前期の授業風景(津島市立図書館寄贈).png出典:明治・大正前期の授業風景(津島市立図書館寄贈)

 従来、日本では「平均的な生徒像」を基準にして教育が行われ、個人の特性や能力を考慮せずに授業が進められてきました。現在では「教科書のデジタル化」は進んでいますが、授業風景はあまり変化がないように感じます。

 「個」に応じた指導
 2019年にGIGAスクール構想が出された際には「公正に個別最適化され」と言う文言が多くの資料にありますが、現在の資料では「公正」という文言が使われなくなっています。
 さらに、以前に使われていた「個別最適化された学び」という文言ではなく「個別最適な学び」という文言になっています。
出典:学びの場.com
出典:文部科学省_中央教育審議会「「令和の日本型学校教育」の構築を目指して(答申)」【総論解説】

 「AI(人工知能)」が主体となって「個別最適化」してくれるのではなく、生徒一人ひとりが主体となって、ICTを活用しながら「個別最適な学び」を実現していくことが求められています。

 当教室では、「AI(人工知能)とコーチ(人)」が徹底的にサポートする学習教材「atama+(アタマプラス)」が効果を発揮しています。人間では不可能な分析力で、最短で得点アップをめざすことができます。
 生徒一人ひとりが主体となって進めていくことで、「AI(人工知能)とコーチ(人)」が苦手の発見から解決までを導いていきます。
 体験のお問い合わせは下記ボタンからお願い致します。
 

2024.05.27

 失敗は成功のもと
 「失敗は成功のもと」とは、「失敗は、その原因をつきとめて改善すれば、むしろ成功への契機となる。失敗したからといってくじけず、冷静に対処することが将来の成功をもたらす」という意味になります。
出典:コトバンク
 
 確かに「ミスや失敗はしないほうがいい」という考え方もありますが、「ミスを恐れて何もしない」より、「ミスや失敗を教訓として次につなげていく」のであれば、それは「有意義なミス」と言えるのではないかと思います。
 学習に例えると、「テストで間違った問題の原因をつきとめ、ミスの再発を防いで成績アップにつなげていく」といった意味になります。
 
 「失敗・挫折・つまづき」に悩んでいる方を勇気づけてくれる、偉人たちの言葉を紹介させていただきます。
・ 発明王 トーマス・エジソン
 『成功の反対は失敗ではなく、挑戦しないことである』
・ 物理学者 アルベルト・アインシュタイン
 『失敗や挫折をしたことがない人とは、何も新しいことに挑戦したことが無いということだ』
・ アメリカ第16代大統領 エイブラハム・リンカーン
 『君がつまづいてしまったことに興味は無い。そこから立ち上がることに関心があるのだ』
出典:ニッポン放送_NEWS ONLINE
 
 失敗や挫折を経験していない人はいません。学習を進めていても、なかなか成果につながらない場合があります。しかし、
重要なのは、「その後どうするか?」です。失敗や挫折を経験することで、そこから学ぶことはたくさんあります。

 7:2:1の法則
 アメリカの人事コンサルタント会社ロミンガー社は、経営幹部などに対して、「自身がリーダーシップを発揮できるようになるために効果的だった施策」 について調査し、分析を行いました。
 その分析によると、「仕事(学習)経験から学ぶ『直接経験』」が70%、「他人から学ぶ『間接経験』」が20%、「研修や書籍から学ぶ」が10%という結果になりました。
 
 つまり、「7:2:1の法則」とは、人が成長するために「何からどのくらいの割合で学びを得るのか」を示した法則です。
service-experiential_learning_01-1.png出典:WiLLSeed

 「7:2:1の法則」は人材育成の法則ですが、学習でも同様のことが言えます。
 学習をインプットとアウトプットに分類すると、学習定着率(学習内容を学習者がどの程度覚えているか)は① 講義、② 読書、③ 視聴覚体験、④ デモンストレーションを見る、⑤ グループ討論、⑥ 自ら体験する、⑦ 人に教える」の順で、番号が大きいほど学習定着率が高くなっていきます。
ラーニングピラミッド.png 上記の①~④はインプット学習、⑤~⑦はアウトプット学習と位置づけられます。物事をしっかり学び、定着させるには、「人に説明する」のが一番効果があります。「人に教える」ということは、一方通行ではなく、むしろ説明している自分自身のためになります
出典:note_ラーニングピラミッドの話
参考:ラーニングピラミッド

 経験学習サイクル
 経験学習を提唱したデイビッド・A・コルブ氏によると、 経験に基づいた学習プロセスは、4つの要素(「具体的経験」「内省的反省」「概念化・抽象化」「能動的実験」)から成り立っていて、これらを繰り返すことで経験学習が行われると定義付けられました。

 国内では、神戸大学大学院経営学研究科教授・松尾 睦氏の『「経験学習」入門』によって、下記の4段階のサイクルを繰り返すことで、経験学習が行われ、能力開発に役立つと示されています。
① 経験 : 具体的な経験をする
② 内省 : 行動を振り返りフィードバックする
③ 教訓 : 経験を多面的に捉えて次に活かす
④ 実践 : 行動を改善して挑戦する
出典:日経ビジネススクール
経験学習サイクル.png出典:お役立ち道ねっと

 この4段階のサイクルは、① 経験と④ 実践は「行動」、② 内省と③ 教訓は「振り返り」の2つに分類されます。重要なのは「行動」だけでなく、「振り返り」をすることです。
 さらに、その「振り返り」の中でも、特に左下の「③ 経験から教訓を引き出す」が一番重要です。 「振り返り」の中から、「なぜ成功したのか」「なぜ失敗したのか」の教訓を見つけることで次に活かすことができる からです。
出典:お役立ち道ねっと

 
 学習は受動的ではなく、能動的に取り組むことで成果がでてきます。ミスや間違いが成功の糧となるよう前向きに取り組んでいきましょう。
 

2024.05.20

 危機感
 「危機感がない」「危機感を持って」などという言葉を聞いたことがあると思います。学習に置き換えると「うちの子は危機感がないから勉強しない」や「試験まであと3日なのに、もっと危機感を持って!」などになります。

 子どもに危機感を持たせるような話をしてあおっても、いまいちピンとこないし、その言葉は響かないことが多いです。
 また、敏感な子どもにとっては、余計に過度なストレスを与えてしまうことにもなりかねません。

 人は、遠い将来のことよりも、今のことを重視する傾向があります。例えば、大学4回生に就職の話をするのと、小学生低学年に同様の話をするのとどちらが響きやすいか一目瞭然です。

 小学生の夏休みが始まる前は、宿題をさっさと仕上げて、思いきり遊ぶ計画をしていたのに、実際は宿題を先延ばしして、夏休みが残り数日になって慌てて手を付け始めるといった経験をした方もいらっしゃると思います。
 危機感は、その子ども自身の経験から出てくることが多く、ひどい経験や大変な目にあった覚えがあると防御の意識が働き、その危険を回避するための行動を起こすようになります。

 問題なのは、「危機的な状況」であるにもかかわらず、自らが「危機的である」と認識できない場合です。
 定期テストの点数が悪くても「次はがんばる」と繰り返すだけで行動に移さず、現実から目を背けるタイプです。
 そういう考え方をする方は、「何のために学習しているのか」が明確でない場合が多いと思います。
 
 そこでお薦めしたいのが、現在から未来を予測する「積み上げ思考」ではなく、実現したい未来から現在の行動を考える「逆算思考」という思考法です。
 この思考法を取り入れて、遠い未来ではなく、1年後の自分を想像してみてはいかがでしょうか。「目標達成シート」を作成してみると、より一層目標が明らかになり、現在の行動が明確になります。
参考:逆算思考

 勉強・学習・学びの違い
 「勉強」という言葉は、日本語では「学習する、努力をする」などといった意味ですが、この語源は中国語で「無理を強いる」という意味で、本来は「無理やり知識を身につける」というような意味になります。
 関西では、小売店などで商品の値段を下げて販売するとき「勉強する」という言葉が使われています。これは、江戸時代に、商人が頑張って商品の値段をまける意味で使われていて、本来、「気の進まないことを無理にする」という意味が含まれています。
 
 一方、英語の「study」の語源は、ラテン語の「studium」という言葉が由来となっていて、これは「情熱、熱心」というような意味になります。
 英語の「study」「自分から情熱を燃やして勉強する」という意味で、日本語の「勉強」の語源とはまったく反対の意味になります。
出典:東京都立産業技術大学院大学

 「学ぶ(まなぶ)」は「真似ぶ(まねぶ)」、「習う(ならう)」は「倣ふ(ならふ=真似る)」が語源と言われています。
 つまり、「手本を真似ることから学習は始まる」ということです。学校では、教科書の内容を真似て自分の知識にすることから学習は始まります。
出典:note_勉強と学習と学問の違い
 
 整理すると、「勉強」
「学習」「学び」では、「知識や意味を身に付ける」ということに違いはないですが、能動性(積極性)の度合いによって分類されます。
 「勉強」は「やらされるという受動的なイメージ」で、「学び」は「気が付く、自分でやるという能動的なイメージ」、「学習」はその間のようなイメージと捉えることができます。
「勉強」と「学習」と「学び」の違い.png出典:note_勉強から学習、そして学びへ

 低学年の「主体的な学び」
 「主体的な学び」とは「学ぶことに興味や関心を持ち、自己のキャリア形成の方向性と関連付けながら、見通しを持って粘り強く取り組み、自己の学習活動を振り返って次につなげること」と、文部科学省は定義しています。
出典:文部科学省_個別最適な学び・協働的な学びと授業改善

 学習の場面で、どのような状態が主体的に学んでいることを指すのかをまとめると以下の5つの要素となります。
興味関心(積極性)
・ 見通し(計画性)
・ 自己との関連付け(自覚)
・ 粘り強さ(自己調整力)
・ 振り返り(意味づけ・共有) 
 これらの5つの要素が取り入れられているのが、「主体的な学び」ということになります。
出典:立命館大学_主体的な学びについての一考察

 ただ、この「主体的な学び」ですが、中学生と同レベルを小学生低学年の子どもに求めるのは違います。
 低学年の子どもの「主体的な学び」は、本人の興味・関心、好奇心などを尊重し、より意欲的に取り組めるような環境を提供することで育まれていきます。
 低学年の子どもたちは、いろんなことに興味・関心をもってすぐに行動に移すという特性があります。「何度も取り組んでできるようになった」とか、「最後まで諦めずにやり遂げることができた」といったことを本人の成功体験として認識することが重要です。
参考:思考力

 小さな成功体験は、大きな自己肯定感へとつながり、将来問題にぶつかっても「諦めない力」となります。
参考:神戸に「りんご塾」ができました!_りんご塾 神戸深江校