城南コベッツ神戸深江教室

Tel:078-451-6080

  • 〒658-0021 兵庫県神戸市東灘区深江本町4丁目5-12 1階
  • 阪神本線「深江」駅 徒歩3分

受付時間:14:00~20:00/日祝休

  • 1対1個別指導
  • 1対2個別指導
  • atama+個別指導
  • デキタス個別指導
  • オンライン個別指導
  • 城南予備校オンライン
  • 総合型・学校推薦型選抜対策
  • ジュニア個別指導
  • デキタス
  • プログラミング
  • 定期テスト対策
  • 大学入試一般選抜対策
  • 高校入試対策
  • 中学受験対策

2024.02.29

兵庫県の公立高校の入学者選抜が、2月27日(火)正午で出願が締め切られました。全日制全体の志願倍率は1.04倍で、昨年度の1.03倍と同水準となりました。

 2月26日(月)の出願状況と比較して、志願者数が大きく増加したのが神戸高校と西宮北高校です。
 神戸高校は、志願者が96人増え、0.87倍から最終的に1.17倍になりました。また、西宮北高校は、志願者が90人増え、0.59倍から最終的に1.09倍になりました。
  出典:兵庫県教育委員会資料

 普通科の志願倍率は、上位から、芦屋高校(単位制)1.56倍、兵庫高校1.49倍、市立西宮東高校1.47倍の順となっています。市立六甲アイランド高校(単位制)は、志願者が22人増え、倍率が1.32倍から最終的に1.44倍になりました。

 参考までに、志願者数が大きく増加した高校を「増加数」と「倍率の変化」で比較しました。
 それぞれの上位20校をで色分けしています。
最終確定と前日との比較_抜粋.png参考:兵庫県教育委員会資料より作成

 詳細は、下記をご参照ください。

 このあと、志願変更の期間(2月28日~3月1日)を経て、3月12日(火)に学力検査、3月13日(水)に総合学科の実技検査が実施されます。合格発表は、3月19日(火)です。
参考:志願変更制度 ← 詳細はコチラから

2024.02.27

2024年度(令和6年度)兵庫県公立高等学校入学者選抜における学力検査について、2月26日正午現在の状況が公表されました。全日制全体の志願倍率は0.99倍で昨年と同水準でした。

 普通科の志願倍率では、芦屋高校(単位制) 1.56倍、兵庫高校 1.49倍、市立西宮東高校 1.47倍、尼崎稲園高校(単位制) 1.44倍、市立尼崎双星高校 1.40倍が上位5校となりました。
 参考までに、御影高校 1.08倍、市立葺合高校 1.05倍、 市立六甲アイランド高校(単位制) 1.32倍、東灘高校 0.45倍 でした。
出典:兵庫県教育委員会資料

 複数志願選抜にかかわる第2志望志願者数は、10校で定員(推薦合格者・特色選抜合格者を除く募集定員)を超過しました。淡路高校(総合)は定員60人に対して志願者141人(81人超過)芦屋高校は定員140人に対して志願者219人(79人超過)神戸甲北高校は定員111人に対して志願者181人(70人超過)となっています。
参考:複数志願選抜 ← 詳細はコチラから
複数志願選抜にかかわる第2志望状況_20240226.png参考:兵庫県教育委員会資料より作成

志願変更.png
参考:志願変更制度 ← 詳細はコチラから

 兵庫県公立高等学校入学者選抜は今後、志願変更を2月28日(水)から3月1日(金)まで受け付け、学力検査が3月12日(火)、総合学科の実技検査が3月13日(水)に実施されます。合格発表は3月19日(火)です。

2024.02.26

=/ Educationとは /=
 「Education」という言葉の語源はラテン語「educatio」(エデュカチオ)にさかのぼります。細かく分解していくと、外へ(ex-)導く(duco)こと(-tio)、前を歩いて人を導くこと」がこの単語のコアの語源です。
※ 古代ローマ ~ ローマ帝国の公用語として普及した古代言語 
出典:weblio辞書 / 語源英和辞典
 さらに、この語は、ラテン語の「educare」(エデュカーレ:育てる、大きくする)と「educere」(エデュケーレ:引き出す)という二つの動詞を派生させています。
 この意味から、そもそも「Education」とは、知識を押し込むのではなく、個々の能力を最大限に伸ばすために行われるものとして捉えられています。

 イタリアの有名な彫刻家ミケランジェロは「どんな石の塊も内部に彫像を秘めている。それを発見するのが彫刻家の仕事だ」という言葉を残しています。つまり、「大理石を削って彫刻をするのではなく、大理石の中にある『何か』を探すために彫刻をする」という考え方です。
出典:名言大学

 そもそも「子どもの可能性」は、無限に広がっています。幼い頃は何でも興味を持って、将来は、医師、弁護士、パイロット、芸術家、プロスポーツ選手など、何にでもなれる可能性があります。
 しかし、ポジティブ思考の塊だったはずが、成長するにつれて、少しずつネガティブな思考が形成されていきます。大事なのは、その可能性の芽を摘まず、子どもの長所や興味があることを見極めて、潜在的な能力を引き出してあげることだと思います。

=/ 主体的な学び /=
 デジタル技術の発展で、社会で求められるスキルも大きく変化しています。この流れを踏まえて、授業のカリキュラムも、従来の「知識詰め込み型」から、主体性を育む「アクティブラーニング型(主体的・対話的で深い学び)」へと変化しました。

 では、「主体性」とはどのようなものでしょうか?
 主体性とは、「物事に進んで取り組む力」のことです。 主体性のある人は、自ら考えて行動することで経験値が高まり、成功体験を積み上げていくことができます。その結果、自分の行動が自信につながっていき、さらに積極的に行動できるという好循環が生まれてきます。

 主体性とよく似た言葉に「自主性」があります。主体性は「自分で決めたことを自分の責任のもとで行動すること」に対し、自主性は「他人が決めたことを率先して行動すること」という違いがあります。
 主体性は「自身の行動に責任がともなう」ことが含まれている一方、自主性には責任などの意味合いが含まれていません。

 そもそも、日本は「主体性に対する意識」が世界各国と比べて低いという結果が出ています。
 内閣府が2018年に計7カ国(日本、韓国、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、スウェーデン)の13~29歳を対象に行った意識調査では、日本は3項目とも7カ国中7位でした。
主体性に関する国際比較.png出典:(株)第一生命経済研究所 「主体性」を育む教育とは

=/ 主体性を育むために /=
 何か一つでも自信を持てるようになると、「自己肯定感」が高まります。自己肯定感が高まれば、比例するように主体性も高まり、学習に取り組む姿勢も変化してきます。
「自己肯定感の高い子どもの方が学力が高い傾向にある」ことが学習状況の調査結果でも示されています。
参考:「自己肯定感」と「自信」 ← 詳細はコチラから
 小さな成功体験の積み重ねこそが、個々の自信を育みます。自信は他人との比較ではなく、過去の自分との比較で培われます。

 当教室では、生徒一人ひとりの自信を育めるよう、授業の中に、生徒自らが判断・思考する機会を数多く設けております。

2024.02.23

 「メタバース」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
 「メタバース」とは「メタ(meta)」と「ユニバース(universe)」を組み合わせた造語で、「通信ネットワーク上に構築された仮想空間」のことです。

 「メタ」は、「高い次元の」や「超越した」という意味で、接頭語として「メタ」を使う場合は「一段高いところに立って考える」や「俯瞰的に物事をみる」という意味になります。
 この「メタ」という言葉は、2021年10月、フェイスブックがメタ・プラットフォームズに社名変更したことや、コロナ禍でオンライン需要が増えたことをきっかけに注目されるようになりました。

 では、「メタ認知」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
 簡単に言うと、「メタ認知」は、自分を客観的に認知する能力のことです。

 お子さまが自分を客観視できるようになると、主体的に学習に向かう態度が身に付き、成績アップにつながりやすくなると言われています。

 メタ認知能力が高い人は、自分は何ができて、何ができないのかを、把握できている人が多いようです。
 学習に例えると、「この公式をどうやって覚えれば忘れにくいのか」や、テスト全体のボリュームを見渡して「時間がかかりそうなこの問題から先に取り掛かろう」など、第三者の目線で物事を冷静に見たり考えたりすることです。

 ご家庭でも、学習計画表を作成したり、学習の復習時間を設けたりすることで、自身のメタ認知を育むことができます。
参考:12月の学習スケジュール ← 詳細はコチラから
参考:目標達成シート ← 詳細はコチラから

 メタ認知は、小学校高学年から中学生にかけて急速に発達していくと言われています。この大事な時期に、主体的・対話的で深い学び(「アクティブ・ラーニング」)に取り組むことによって、さらに強固なものとして育まれていきます。
文部科学省_学習指導要領改訂の考え方.png出典:文部科学省_学習指導要領改訂の考え方
参考:文部科学省_学習指導要領「生きる力」「4.教育課程の実施と学習評価」

 しかし、自分の思考の癖や習慣は、自分ではなかなか気づかないものです。第三者から「気づき」のきっかけをもらうことで、自身を見つめる機会を作ることができます。

 当教室では「atama+(アタマプラス)」を導入しています。

 AI教材「atama+」とは、「高性能AI」が生徒一人ひとりに合わせた「自分専用カリキュラム」を作成してくれる画期的なシステムです。
参考:人工知能(AI)の活用 ← 詳細はコチラから

 生徒の理解状況をリアルタイムで判定し、診断⇔講義⇔演習を行き来して、カリキュラムパターンを1億2,036通り以上の中からベストの学びを提供します。
 また、小学生から高校生までの教材を1つのシステムの中に搭載しているので、学年の壁を取り除いた学習(「さかのぼり学習」「先取り学習」)も自由自在です。

 小学生、中学生、高校生、それぞれ、どの学年でも、入試までのカウントダウンは始まっています。
思い立ったら始めてみませんか?

 客観的に生徒一人ひとりの課題を分析し、学習効果を上げる道筋をご提案させていただきます。

2024.02.19

2027年秋、東京大学が文理融合型の課程で5年間一貫の教育課程を創設する方針であることが発表されました。

 新課程は、欧米の有力な大学を参考にして、学部の4年間と大学院修士の1年間を合わせた5年制で、定員は1学年100人程度(半数は海外からの留学生、半数は国内の高校卒業生)を想定しています。
 入学時期は秋で、授業はすべて英語で行われます。さらに、学生自身で学ぶテーマを決め、既存学部や大学院の授業も受講できるようにするという、従来にはない特徴的な教育課程となっています。

東大の新課程「カレッジ・オブ・デザイン」の概要.png出典:読売新聞_2024.02.19

 2024年2月9日(金)、大阪府の吉村知事が「大阪公立大学で2027年度から段階的に秋入学を実施する計画」を発表したばかりで、大阪公立大学の公用語を将来的に英語にする方針を示しています。
出典:大阪府市会議_2024.02.09_抜粋

 企業でも、2010年、楽天(株)、ユニクロ【ファーストリテイリング(株)】が、社内での英語公用化を発表し、、資生堂(株)、シャープ(株)、アサヒビール(株)、本田技研工業(株)、(株)日立製作所、伊藤忠商事(株)、武田薬品工業(株)三井不動産(株)なども英語教育に積極的に取り組んでいます。

 グローバル化の波の中で、英語教育がますますクローズアップされています。しかし残念ながら、日本の英語力は急速に低下しています。
参考:英語力

 英語教育の礎となるものが、小学校3、4年生の「外国語活動」(週1回)と小学5、6年生の「外国語科」(週2回)です。
 小学校の授業は子どもたちにとって初めて英語に出会う大きなきっかけとなります。小学生のうちから英語の音声にたくさん触れ、基礎を養うことで、小中高と英語の力を大きく伸ばしていくことができます。

 その反面、小学5、6年生から外国語(英語)が教科化されるということは、教科書を用い、正式な教科として成績がつくということを意味します。ここで苦手意識を持ってしまうと中学校での英語の勉強がおろそかになってしまい、その後の高校受験にも悪影響が生じかねません。

 学童期(6~11歳までの小学生の時期)は、英語だけでなく、プログラミングや算数などを通して、お子さまの可能性や能力を引き出してあげる時期でもあります。

 学習を通して、小さな成功体験を積み重ねていくことで、お子さまの自信が培われていきます。
 お子さまの可能性や能力を引き出すためのプログラムをご用意しておりますので、ぜひご相談ください。